So-net無料ブログ作成

April 21 Cal 1 Card [Berkeley]

April 21, 2008 (Monday)

 この日モーリちゃんの父がバークレーのテレグラフ通りの古本屋で買った本について。でもその前に身分証明書のこと。

 UCB英文科はWheeler Hall という建物で、L52番バスの終点で降りてSather Gateをくぐってすぐ右手正面にある(最初に学科のオフィスを訪問した11日にはバスが右手のBancroftじゃなくて左に曲がったのであわてて降りたのでキャンパス内をだいぶ横断して、Wheeler Hallには反対側から入ったのだけれど)。モーリちゃんとモーリちゃんの母が8時前に小学校へ行き(この日が3日目)、そのあと父はバスに乗って大学へ出かけた。IDカードをつくるオフィスで、4度目にやっとfeeを納めた確認が取れ、写真を取ってもらった。コートを脱いだほうがいいか、と訊くと、「どちらでも・・・・・・写真は首から上だから」との答え。じゃ、いっか、とセーターに薄手のマフラーにコートのままで写真撮影。2,3分でできるからそっちで待っていて、と入口の外を指していうので、Entranceから出ちゃまずいな、とわざわざExitから出て(幅10メートルほどの小さな建物で、5つくらい身分証撮影用のブースが並んでいるのだが、季節のせいか一人か二人しかカウンター内にはいない)、Entranceのすぐ外でふらふらしながら煙草でも吸おうかな、とふと中をのぞくとさっき写真を撮ってくれた女の子がしきりに手を振っている、カムカムと。1分じゃんかよ。

 Assistantのメーリさんは月曜日は休みかもしれないのだけれど、Wheeler House3階の学科オフィスを訪ねた(3回目)。メーリさんはたぶん電話中、とのことでソファに座って待っているとニコニコ手を振りながらメーリさんが奥から出てきた。カードが今日つくれたことを報告し、activate の処理をしてもらった。 最初の週の金曜日11日にメーリさんを訪ね、その場で200ドルの支払いをネットで試みてくれたのだが、だめで、キャッシュでいいからというので渡し、彼女はメールを打ったりファックスを送ったりして、すぐにCal 1のオフィスに行ってと案内されたのだが、行ってみるとデータがまだ載ってないから月曜日に来るように言われた。月曜日に行くと支払いが行われていない、日をおいて来てと言われた。HPを読み直してみると72時間経ってから、と明記されている。それで、tokenを出すから火曜日に来なさいとメーリさんから言われていたのを、メールを書いて遅らせて、水曜日のSIM (Scholars Information Meeting) の前にしたのだが、その前にカードのオフィスに行ってもやはり支払いがまだなのだった。メーリさんにそれを伝えると、また電話をしたりファックス(金曜日に送ったはずのパテントの署名文書が届いてないとサム?から言われたようで)を送ったりしてくれて、しきりに詫び、今度はいつ来るか、明日には大丈夫というので、たぶん明後日(金曜日)と答えたのだが、あんまり信用できなかったのと、ちょうどその日帰るとモーリちゃんの希望する小学校から留守電が入っていてモーリちゃんの小学校はこちらになったので、明日通常の時間より早めに来てね、とのメッセージだった。Albany の学校センター(?)に最初に行ったのがその週の月曜日14日で、その場でひとつフォームにモーリちゃんの父が署名して提出し、予防接種の記録も含めてさらに3つフォームをもらって帰り、翌日提出していたのだが、これほど早く決まるとは思っておりませんでした(メーリさん、その他大学ののんびりした感じが「カリフォルニア時間」かなあ、と感じていたので)。

 メーリさんが2月下旬から317日まで急に休暇を取ったときにはモーリちゃんの父は呆然とした。


コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。