So-net無料ブログ作成
検索選択

May 12 ブランチ・フィッシャー・ライト Blanche Fisher Wright [本・読み物 reading books]

May 12, 2008 (Monday)

 1916年のReal Mother Gooseの挿絵を描いたBlanche Fisher Wright がどういう人か気になったので、調べてみました。日本語のページでは見つかりません。

 とりあえず彼女の挿絵を載せた本がさらにGutenbergで出ているのに気づきました。

Sarah Cory Rippey, 
The Goody-Naughty Book.  
Chicago and New York: Rand McNally & Company, 1913.
http://www.gutenberg.org/files/22197/22197-h/22197-h.htm

GoodyサイドとNaughtyサイドに分かれていて、goody sideがふつうの本のカバーの方から、naughty sideは裏カバーから始まり、本のまんなかで二つの話は終わって、"turn over" (ひっくりかえす)と書かれています。(TURN-AROUND BOOKというやつ)

Goody-NaughtyBook_gn29.jpg

                                  TURN OVER

Leroy F. Jackson, 
The Peter Patter Book of Nursery Rhymes.  
Rand McNally, 1918.
http://www.gutenberg.org/files/22014/22014-h/22014-h.htm

133篇の童謡をおさめた100ページ足らずの本。

UndertheWillow.jpg

                 柳の下

     UNDER THE WILLOW

Put down your pillow under the willow,
Hang up your hat in the sun,
And lie down to snooze as long as you choose,
For the plowing and sowing are done.

Pick up your pillow from under the willow,
And clamber out into the sun.
Get a fork and a rake for goodness’ sake,
For the harvest time has begun.

柳の木の下に枕をおき
日の光の中に帽子をかけ
ねころがって好きなだけ眠りなさい
すきくわ仕事は終わったのだから

柳の木の下から枕をとり 
日の光の中にはい出て
すきくわを手にしててくださいな
実りのときが始まったのだから

NurseryRhymesOnline.com はこの詩を拾っています。柳の木というと "Bury Me Beneath the Willow" ("Bury Me under the Weeping Willow") (このYouTubeはブルーグラスだけれど、もとはイギリスの民謡のはずです)みたいに死と結びついた不吉なものだと思っていたのですが。それをひっくりかえした感じなのでしょうか。「柳の木の下に私を埋めて」では「眠っている場所がわかるように」というのでした。

CAPO 1st Fret
Transcription key: Eb
4/4 Timing (with a bass-strum-bass-strum pattern)

INTRO:
D / / / G / / / D / A / D / / /


VERSE 1 (AK):
D G
Tonight I'm sad my heart is lonely
D A
For the only one I love
D G
When will I see him, oh no never
D / A(7) / D
Till we meet in heaven above


CHORUS (Together):
D G
So bury me beneath the willow
D A / A7 /
Under the weeping willow tree
D G
So she will know where I am sleeping
D / A / D
And perhaps she’ll weep for me


VERSE 2 (LL):
D G
She told me that she dearly loved me
D A
How could I believe it untrue
D G
Until the angels softly whispered
D / A(7) / D
She will prove untrue to you


CHORUS (Together):
D G
So bury me beneath the willow
D A / A7 /
Under the weeping willow tree
D G
So she will know where I am sleeping
D / A / D
And perhaps she’ll weep for me


INSTRUMENTAL BREAK:
D / / / G / / / D / / / A / / /
D / / / G / / / D / A / D / / /


VERSE 3 (AK):
D G
Tomorrow was our wedding day
D A
Oh god, oh god, where can he be
D G
He’s out a-courting with another
D / A(7) / D
And no longer cares for me


CHORUS (Together):
D G
So bury me beneath the willow
D A / A7 /
Under the weeping willow tree
D G
So she will know where I am sleeping
D / A / D
And perhaps she’ll weep for me
D G
So bury me beneath the willow
D A / A7 /
Under the weeping willow tree
D G
So she will know where I am sleeping
D / A / D
And perhaps she’ll weep for me


OUTRO:
D / A / D / / /

あ、ライト、ライトと。

あー、英語のWikipediaには1行しかないですねえ。――

Blanche Fisher Wright is the illustrator of The Real Mother Goose, originally published in 1916.

では調べて報告します。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。