So-net無料ブログ作成
検索選択

May 23 ニュース報道から [America]

May 23, 2008 (Thursday)

テキサス州エルドレードEldoradoにある一夫多妻制の宗教団体 FLDS の施設から、性的暴行を受けて妊娠させられたという16歳の少女の通報ののち、子供400人以上が保護されたというニュースが日本でも4月の上旬に流れたようですが、保護された子供たち(少女たちだけでなく少年や赤ん坊も含む子供みんな)が団体の施設へ戻されるというニュースを聞きました。性的虐待の危険にさらされている証拠がない、というのがその理由だそうで、テキサス州児童保護局 (Texas Child Protective Services)の担当者がマイクをむけられて、証拠を見つけて再び保護する、と言っていました。

4月4日の最初の報道からふたつ―― http://cbs13.com/national/warren.jeffs.polygamist.2.692432.html

http://reporternews.com/news/2008/apr/04/girls-taken-from-eldorado-compound/

 子供たちを2週間以内(正確には10日か?)に戻すべしとの裁定が22日に出たことを伝える地元の新聞 The Eldorado Success 紙のネット記事――http://www.myeldorado.net/

 FLDS というのは、アメリカはなんでも略すのでわけがわからなくなるのですが、Fundamentalist Church of Jesus Christ of Latter Day Saints の略です。F の部分だけで "Fundamentalist Church of Jesus Christ (of)" までカバーしてるわけで、知ってる人にしかわからないですよね、これじゃ。Fを取ったLDS にChurch をつけて LDS Church と呼ばれるのは The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints" の略称で、これはいわゆるモルモン教、モルモン教会、Mormon Church のことです(末日聖徒イエス・キリスト教会)。モルモン教は1830年に東部のニューヨーク州でJoseph Smith によって設立されますが、創始者の暗殺や内部分裂や迫害もあって、ミズーリの次に本拠地となっていたイリノイから1846年にユタ(当時はメキシコ領)に向かって2代目のリーダーBrigham Young に率いられて移住の長い旅をはじめます。ついでながら、ユタが州になるのは1896年ですが、準州(Territory)としてアメリカに組み入れられたのは1850年9月9日、つまりカリフォルニア州がアメリカに組み入れられたのと同じ日です。これはいわゆる 奴隷と南北問題がらみの"Compromise of 1850" にかかわるものですが、部分的にはソルト・レイクに植民したモルモン教徒たちの懇請を受けたものだったようです。ブリガム・ヤングらは1849年にアメリカ政府に対して State of Deseret (州都 Salt Lake)を要望する文書を出します(最初はTerritoryとして認めてもらおうと考えていたようですがカリフォルニアやニューメキシコが州になるらしい状況から州への申請に変更したようです)。

 ヤングらが多妻婚を奨励していることがアメリカ政府に公然とわかり、さらに昔はメキシコ領だったのがアメリカの土地に、それも国境域からアメリカの拡大とともに内部に位置するようになって、多妻婚問題で衝突することになります。1857年には軍隊が派遣されて、ヤングを更迭しモルモン教徒でない、民主党員の Alfred Cumming という人が準州の知事に任命されますが、ヤングは影響力を持ち続けました。

 この19世紀後半、反モルモン教の文章とかいろいろ書かれて、文学にも反映があり、コナン・ドイルの『緋色の研究』(1886)とかは有名です。1890年に多妻婚を公式に否定して (1890 Manifesto)、次第にモルモン教は「異端」視される度合いが弱まって、別の言い方をすると、キリスト教の中では「正統」ではない(プロテスタントでもカトリックでもない、むしろ両者を批判する位置)けれども、今日でいう「カルト」的な色合いを次第に弱めて世に認められてきた、ということではないかと思います。

 モーリちゃんの父はモルモン教でも反モルモンでもないのですが、ついFLDSの前にあれこれ書いてしまいました。まあ、異端とカルトと正統の複雑な関係みたいなものに興味があったりします。さて、FLDS Churchは本体の LDS Church から1930年に分かれてできたものとされています。ファンダメンタリズムは原理主義と訳されてきました(キリスト教関係では先に根本主義と訳されていました)が、宗教上の原点というか根本に戻って正しい信仰を行うべきだという立場です(ということは現在の多数の人たちが根本の教えを見失っているという現状批判があるわけです)。ファンダメンタリズム自体はむしろキリスト教原理主義という大きなかたちで話題になることが多いかもしれません。モルモン教にもいくつもの原理主義的分派があるようですが、多妻婚 (plural marriage, いわゆる polygamy) は共通しているようです。FLDS の信者数は約10000、本拠地はユタ州のHildaleにあって、姉妹都市のアリゾナ州Cololado City、テキサス州Eldorado、コロラド州Mancosなどに分かれて住んでいるとされていますが、本部は実質的にテキサス州のEldoradoに移っているのではないかというのが2004年ぐらいからの報道で示唆されています。というのもこの地に神殿が建設されているからで、ここにかなりの数が住んでいるからです。

FLDStemple_YFZRanch.jpg

テキサス州Eldorado近郊のYearning for Zion RanchにあるFLDS の「神殿 Temple」

 上に挙げたふたつめのネット報道(Abilene Reporter News) ではコラムで次のような説明があります。

About the FLDS

The Fundamentalist Church of Jesus Christ of Latter Day Saints, a Mormon-based sect that broke away from the mainstream LDS more than 100 years ago and is not affiliated with the Mormon church.

Who: Led for decades by Rulon Jeffs and, after his death in 2002, by his son, Warren Jeffs, who was convicted in 2007 on a charge of rape by accomplice for arranging marriages between adult men in his sect and unwilling underage girls. He was sentenced to five years to life in prison by a Utah judge. The sect is believed to have 10,000 followers.

Where: The FLDS is based in the twin border cities of Hildale, Utah and Colorado City, Ariz. In 2004, the group built a compound including a large temple on the YFZ Ranch, three miles northeast of Eldorado. Other compounds are believed to exist in Colorado and Canada.

Controversy: The sect, which broke from the mainstream LDS after the latter's renunciation of polygamy, has been a target of Arizona and Utah authorities because of numerous allegations of child abuse, forced marriage and polygamy.

  1930年じゃなくて100年以上前に分かれて今は無関係との説明が最初にありますけど、"1890 Manifesto" を批判するところからそのような伝承が内部的にあるのかもしれません。Rulon Jeffs (1909-2002) の死後、息子のWarrenが継承したが、その息子が犯罪をおかして捕まっているとか書かれてます。Rulon Jeffs の前はLeroy S. Johnson (1888-1986) とされていて、その前はわかりませんけど、この人は1930年以前からかかわっているわけです・・・・・・今調べてみたら Mormonfundamentalism.com という、ファンダメンタリスト・モーモニズムのページがあって、原理主義派の歴史をくわしく説いていますねえ。indexページの下の図を見ると、内部でもあれこれと分離や離反やらが繰り返されているのがわかります。

 引用最後の段落で「リーダーによる多妻婚の廃止宣言以降にLDSの主流派〔つまりモルモン教のことです〕から分派したこのセクトは、無数の児童虐待、多重婚、結婚強要によってアリゾナとユタ当局から、標的とされてきた。」と書かれていますが、この解説は原理派をひっくるめてFLDSととっているようです。だから1890年にまで遡るのでしょう(つまりfundamentalistを固有名詞をつくっている形容詞としてとらえていない)。それはまちがいです。Mormonfundamentalism.com がどういう内部者のものかよくわかりませんけれど "Leroy S. Johnson" のページにはむしろFLDSと距離を置く記述があります。――

Leroy Johnson’s taught: “We are not trying to set up another church or to set the Church in order.”[62] However, in response to a disagreement with members of the UEP, the Johnson/Jeffs group (the “First Ward”) officially registered their religious organization, calling themelves “The Fundamentalist Church of Jesus Christ of Latter Day Saints” (note the lack of a hyphen in Latter-Day and the capitalization of “Day”) or FLDS Church in 1991 with Jeffs as President. [63]

[63] . Quinn, “Plural Marriage,” 1998, 14, fn. 41. Jeffs taught that the FLDS Church had been known as the “Fundamentalist Church of Jesus Christ of Latter-day Saints... for at least 40 years.” (“Deposition 4-5 April 1989,” 15.)

 この記述を信じると1991年がFLDS Church 発足の年ということになってしまいます。注の63と本文はLatter Day とわかちがきするかLatter-day と一語に(これはもともとの末日聖徒キリスト教会がそうなわけですけど)で違いがあるとかないとかいう話なのでしょうか。63の [Rulon] Jeffs の「少なくとも40年にわたって」という言葉はむしろ継続性を言っていて、いちおうそういうふうに世間的にも見られているけれど、内部では異なる意見があるということのようです。こういうとき人はだれの言葉に耳を傾けるのでしょう。

 事件は、その後、最初に警察に通報して自分が前年に身ごもらされたと訴えた16歳の少女の行方が知れず、虚偽の通報ではなかったかとの声が教団内部からもあがったり、30人以上の少女が子供を産んだか妊娠中とのニュースが流れたり、あるいはこちらでもニュースブログみたいなのがあって宗教迫害だ!、馬鹿言うな!みたいな議論が盛んにありました。さらに、性的迫害の容疑が10代の少女だけだったのに男の子も幼児もあわせて440名を超す子供たちが親から引き離されたことに対する疑問の声も親の方からあがりました。

 なんだか長くなりすぎたのでやめます。いま見えた続報を貼っておきます。テキサスの児童保護局がテキサス州最高裁に、多婚制の団体から解放された児童たちの保護を継続するよう訴えたというニュースです。

http://www.star-telegram.com/

〔24日追記 すいません、上のページ、ホームページのトップのようで、23日の午後2時ごろのニュースとしてあがっていたものが消えています。それは24日の記事として正式にあがっています―― http://www.star-telegram.com/804/story/661754.html このStar-Telegram.com はテキサスの、紙の新聞 Star-Telegram (本社は Fort Worth) もつくっているネットなので、くわしく報道をしているようです。記事のアーカイヴ http://pd.dfw.com/sp?aff=101&keywords=FLDS

-------------------------------------------------

reference url

"Girls Shuttled Away from Polygamist Ranch: Youngest Girl was 6 Months Old" <http://cbs13.com/national/warren.jeffs.polygamist.2.692432.html> 〔4月4日の報道 映像は指導者のWarren Jeffs (この人がもっぱら少女たちを妊娠させたとされている人ですけど)の過去の犯罪についてのニュースから「神殿」建築、そして今回の事件へと編集されています〕

"Girls Taken from Eldorado Compound" <http://reporternews.com/news/2008/apr/04/girls-taken-from-eldorado-compound/ > 〔4月4日 Abilene Online Reporter News〕

"Official on Children at FLDS Ranch: 'It is not safe for them to remain'" <http://www.gosanangelo.com/news/2008/apr/05/official-on-children-at-flds-ranch-it-is-not-for/> 〔テキサス州のGOSanAngelo.com のニュース 4月5日. "About the FLDS" は上のAbilene の(What) Who Where Controversy と同じ。こういうのって典拠なしでOKなんすかね。ネットニュースはアバウトなんでしょうか、そのへん〕

「少女ら180人を保護=宗教団体の施設捜索―米南部」「米テキサス一夫多妻制教団、モルモン教会に立てこもり」 <http://gyakutai.seesaa.net/archives/20080406-1.html> 〔「今日の虐待」4月6日〕

「一夫多妻制の教団から少女ら219人を保護」〔日テレNEW24 2008年4月7日〕 <http://www.ntv.co.jp/pda/news/106723.html>

「2008/04/25-14:24 子供400人以上を「救出」=強制捜査の一夫多妻教団-米テキサス州

 【ニューヨーク25日時事】」<http://www.jiji.com/jc/zc?k=200804/2008042500598> 〔時事ドットコムの記事。なんで25日なのか不明。上と同じ4月初旬のニュースと思われ、と思ったら、最初の「救出」のあとすべての子供を退去させた時点でニュースになったのでした〕

"FLDS Attorneys Say CPS May Have Been Duped" <http://cbs13.com/national/eldorado.FLDS.Jeffs.2.698341.html> 〔通報した少女は虚偽で、当局(CPS= Child Protective Services はだまされたのではないかとFLDSの弁護士が語ったという4月12日の報道、映像入り〕

"CPS: Half of sect's teen girls have been pregnant" <http://www.cnn.com/2008/CRIME/04/28/polygamist.retreat.ap/index.html?iref=newssearch> 〔CNN.com のAPニュース 4月29日

"Huge FLDS custody case begins, split 463 ways" <http://www.cnn.com/2008/CRIME/05/19/polygamist.retreat.ap/index.html?eref=ib_topstories> 〔同上 5月19日〕

"Texas Seizure of Polygamist-Sect Kids Thrown Out" <http://cbs11tv.com/local/FLDS.Eldorado.San.2.730398.html> 〔テキサス州Austinの控訴裁判所が、10日以内に子子供たちを親の元に返すように裁定したことを伝える記事 5月22日

"3rd Circuit Court of Appeals ruled Thursday, May 22nd that YFZ children must be returned within two weeks" <http://www.myeldorado.net/> 〔地元のThe El Dorado Success 紙の5月23日付記事 〕

保護を批判するブログ記事の例― "Texas' FLDS case rejected: 'Simply no evidence'" (May 23) http://endrtimes.blogspot.com/2008/05/texas-flds-case-rejected-simply-no.html; "FLDS 'Polygamist Sect' Girls" (April 24) http://endrtimes.blogspot.com/2008/04/flds-polygamist-sect-girls.html 〔救出に使われたバスがバプティスト教会のものだったことも含めて批判〕;

"Texas CPS asks retain custody of polygamist sect children" <http://www.star-telegram.com/> 〔23日テキサスのニュース〕

高橋弘『素顔のモルモン教――アメリカ西部の宗教 その成立と展開』 <http://seitonomichi.maxs.jp/sinjitu/sugao/sugao.htm> 〔本がe-textで読めます。アップされた方は、客観的な、ということをしきりに強調していますが、典拠の注釈がなく参考文献は最後にまとめて挙げてあるだけなので、歴史記述としてはそれほど学問的なものという印象を受けられませんでした。基本的にはキリスト教の側からの批判というのが背景にあると思われます。元の本は新教出版社, 1996年〕

モルモン教会の考察 http://www.mitchan.jp/som/ 〔豊富な実証的リンクのある批判ページ〕

森孝一 「『宗教国家』アメリカは原理主義を克服できるか?」 〔『現代思想』2002年10月号(特集 アメリカを知れ)103-115ページ〕 <http://theology.doshisha.ac.jp:8008/kmori/mori.nsf/504ca249c786e20f85256284006da7ab/818b7526b33b476149256c46004bb394?OpenDocument>

Mormonfundamentalim.com 〔モルモン教原理主義の信奉者のページ〕


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。