So-net無料ブログ作成
検索選択

June 24 UCバークレーまで歩く A Long Walk to UCB, CAL [Berkeley]

June 24, 2008 (Tuesday)

  モーリちゃんの父は、自転車が壊れていることでもあるし、夏休みのあいだはバス代がもったいないからうちで勉強しようと思っていたのでしたが、先の記事に書いたような次第で、フツフツと探究心が燃え上がり、急遽、モーリちゃんを小学校に送ってからそのまま歩いてバークレーの大学まで歩いて行って音楽図書館でフォスターを調べてみることにしたのです。4月にDoe というメインの図書館に最初入ってブラブラしたときに、なんか音楽の本がたくさんあるな、と思ったのは夢かしら。ともかく他にもいろいろ散らばっている図書館のなかにMusic Library という図書館があるとは意識していませんでした。

   8時17分 モーリちゃんを校門まで送って別れる。

   8時22分 Tokyo Fish Market を通過。おおここか、と奥のマーケットはちらりとしか見ず歩き続ける。

   8時25分 YMCAの前でCALのスタジャンを着たにいさんとすれ違う。San Pablo 1440ぐらい。

   8時27分 通りの左側を小学生と母親が歩いている。

   8時29分 GENKI SUSHI前を通過。おじさんとすれちがう。

   8時35分 99¢ストアが左側にある。ああここか。University 通りに出る手前ですね。正面も思ったより狭くないが、奥行きが深いみたいで。

   8時36分 University Avenue に出る。信号を渡り左折。

   8時38分 University Avenue 左側を歩いて古本屋のSerendipity Books 前を通過。

   8時43分 右手にAndronico's ストア(本店がSolanoにある高級食料品店)。左手にFellini Coffee Bar (店の右手でパンを売っているのを人がけっこう買っている)。

   8時46分 Sacrament Street に出る。信号待ち。ここは信号が左右同時に替わるみたい(なんかバラバラの信号が多いと思うのですが)。

   8時47分 角のSeven Eleven 前通過。

   8時49分 右手にCalifornia という名の2階から上がアパートらしき建物。

   8時55分 Martin Luther King Jr. Way で信号待ち。ここは押しボタンの上に赤いled light があって、押されたかどうかわかる。グー♪

   8時56分 舗道を左側通行で黒髪のおっちゃん(日本人か?)が小さな自転車でちんたら走って行く。(右側の車道を走らんかい!)

   8時58分 Berkeley Summer Sessions とかいう建物通過。日本人が2,3人いる。このへんから日本人に見える人が増える。

   8時59分 右側にRamen Kyowa House 通過。

   9時00分 Shattuck Street に出る。直進することにする。

   9時02分 Ace 通過(こんなところにドイトがあるのか)。

   9時03分 Oxford 2000に出る。

   9時04分 相変わらず工事中の西門の右側の黒いアスファルトの小道をあがってキャンパス内へ。

   9時05分 ちょっとベンチで休憩。人の流れを眺める。なんか学生の集団が芝生を横切って歩いている。道を歩かんのだろうか。

   9時10分 右手にタバコをもって歩きながら吸っているおばさんとすれちがう。学生か教師か不明。

   9時12分 Free Speech Movement Cafe を通過。ああここがMario Savio のね。ほんとに銅像とかあるのかとのぞいてみるがわからず。ここじゃないのかも。

   9時15分 Starr East Asian Library 通過。ああここが東アジア図書館のね。

   9時18分 Evans HallのとなりのEngineering Center の前のベンチ(4つ並んでいて灰皿が2台ある)で休憩。グー♪  地図を見るが、東南部だけの部分的な地図で知っている建物の記載がなくよくわからず。一度車が走っている道に出て東へ向かうことにする。  

   結局バス通りまで出てしまい、そこを南下、HAAS なんとかいうビジネススクールみたいなのの建物の前を通過。ああ、ここが日本人が代々情報を交換してりっぱなpdf文書をつくっている学校だ。この近辺は急に道がTelegraphふうになるというか、ホームレスらしき人やしゃがんでいる人達や物売りらしき人が出てきた。で、左手になつかしのInternationa House が見え、結局Bancroft Way から再突入。案内地図があるので見ると、Music Library は "under construction" となっている。ガーン! そこから上がって行って左手を眺めると、工事らしき音がして黒く覆われた建物が見える。あれかよ。どうしよう。まあ、行ってみて、ここの本はどこにあるか掲示があるか見て、なければ、どっか(ってどこだ)いって訊いてみるか。ということで、とりあえずベンチで一服。それが9時35分。で、左に降りて行くと、それが違う建物であることがわかる。石の階段を上ったり下りたりして右手に上がって見ると、Music Libararyの北にあたるMorrison Hall がある。なんだ、こんな小さいのかMorrisonって。とすると、そのすぐ南というMusic Libraryは・・・・・・。ありゃ、さっき座っていたベンチの目の前20メートルくらいのところにあった緑色のスレートの変わった建物だ。ということで一周くるりと運動場みたいなところを回って元に戻ってきた。建物のすぐ前の道に座り込んでパソコンを見ている女の子と、小道をはさんでベンチに座っている女の子がいた。待っているのかしら。でも同時にゴルフ場の車みたいなのに載ったおじさんがなんかを搬入か搬出しようと待っているようである。おそるおそる入口に行ってみると、5月27日から8月15日までのSummer Hours として "Monday-Friday 10 am - 5 pm / Saturday-Sunday closed" と貼ってあった。ふたり学生が待っているのだから安心だ。under construction というのは嘘だろう。9時55分。ベンチの女の子が消えた。待っていたんじゃないのか。青いシャツを着た先生ふうなおじさんがやってきてしばらく建物の前にいたが、右に歩いて行ってEye Center かなんかの写真を撮りだした。ただのおじさんだろうか。

   10時00分 ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン。10回鐘が鳴るのを聞いてからモーリちゃんの父はおもむろに歩きだした。入口前のパソコン娘はそのまま座っていた。待っていたんじゃないのか。

   Jean Gray Hargrove Music Library (UC Berkeley) <http://www.lib.berkeley.edu/MUSI/>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。