So-net無料ブログ作成

August 18 おおスザンナ犬 A Dog Singing "Oh! Susanna" [スザンナ周辺]

August 18, 2008 (Monday)

    フランスでは「おおスザンナ」が犬にまで親しまれているらしい。


"GolDen ReTrievEr sinGinG 'oH sUzAnnA' " (0:26)  posted by holymushroom56 (France) on Sept. 4, 2007.

   フランスでは Suzanna と z にするのが一般的なのだろか。それともRednex の影響なのかしらん。

  holymushroom さんの投稿はあとひとつがサイモンとガーファンクルのPaul Simon の"Anji" なのですが、映像的にはこちらのほうが好きです。――


"anji"  (1:07)

    なんだかよくわからなかったので、本家を探しました。――

 


"Simon & Garfunkel - Kraft Music Hall 1968 Part 2 of 3" posted by champipple on May 9, 2008.

最初ぼーっと見ていたら、でてきたアート・ガーファンクルがポール・サイモンにそっくりだったので驚いたのですが、ポール・サイモンの弟のEd でした。くりそつなのでした。

  しかし、ギターの演奏だけに(ギャルでも)耳を傾けられた時代というのがむかしはあったのですかね、ですね(あ、リー・リトナーとかナルシソ・イエペスとかとは違うタイプとして考えています)。 それは音楽としていいことなのでしょうか、いいのでしょうね。たぶん。そこで問題になるのは歌というか声の意味なのでしょうけれど・・・・・・ワグナーか、ニーチェか、犬か、わけわかめか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。