So-net無料ブログ作成
検索選択

September 11 サニー・デイ・リアル・エステイトとジェレミー・イーニック Sunny Day Real Estate and Jeremy Enigk [歌・詩]

September 11, 2008 (Thursday)

   ジェレミー・イイニクでもいいんですけれどー。 いい肉の日になってしまいそうなので。

  ジェレミー・イーニックについて日本語で書いてあるページを探していたら、懐かしい新宿ディスクユニオン(の中古センター)がブログをもっていて、その2006年5月5日の「SUNNY DAY REAL ESTATE その1【USインディー/EMO/グランジ】」、続く6日の「SUNNY DAY REAL ESTATE その2【USインディー/EMO/グランジ】」で文責FHさんが適度な分析と詳しい知識と、そして対象への愛のある、とてもくわしい歴史を書いています。やはり、どういう世界であれ、好んでその中にいると自ずからクリティカルなまなざしは知識とともに出てくるのであって、逆にクリティカルな目をもってよそからやってきて批評ぶるのとはちがって、とても好感がもてます。『西部劇私的博物館』のノスタル爺さんもそうですけど。愛がなくちゃね。

  で、全文引用したいところですが(それは引用とは呼ばん)、アルバム・ジャケットをちりばめた原ブログにあたっていただくことにして、とりあえず、情報的な部分だけ――

サニー・デイ・リアル・エステイトは、ダン・ホーナーネイト・メンデルウィリアム・ゴールドスミスの3人によってシアトルにて結成され、そこにVo:ジェレミー・エニックが加わる形で、92年に結成。

サブポップより94年にアルバム・デビューを果たす。[・・・・・・]

SUNNY DAY REAL ESTATE “DIARY”【日本盤は廃盤。。】

静と動を使い分け、時に激しさを増すサウンド。
で、「シアトル」、「SUB POP」って続けば、ほぼ間違いなくグランジって思われるでしょうし、実際その影響も大きいのだけど、既に独自の世界観を確立している。
アルバム通して傑作。#3“SONG ABOUT AN ANGEL”名曲。[・・・・・・]

SUNNY DAY REAL ESTATE “SUNNY DAY REAL ESTATE”【日本盤は廃盤。。】
ファンの間では、LP2、もしくは“ピンク・アルバム”と呼ばれている。

本作発表時既にこのバンドは無かった。

アルバム完成直後のライヴの最後に突如解散、そして実際に発売されたのは半年近く経ってから。休止ではなく、解散。
理由は本人たちの予想を越えたあまりの人気の高さにジェレミー・エニックが困惑し、キリスト教信仰に強くのめり込み、それに他の3人のメンバーが翻弄されたことにあったと言われている。はっきりした理由は当然判らない。ジェレミーはデビュー当初からあまりインタビューを受けないことで知られ、それがまた神秘的な存在にしている一因だったから。
勿論、彼らの奏でる音がそうした思いに拍車をかける。


2nd発表時ネイトウィルフー・ファイターズへ加入。
SUNNY DAY REAL ESTATEが有名なのは、これがデカイようですよね。。

ダンは郊外の牧場に引っ込んで半ば隠循。


ジェレミーはソロ活動に入り、96年に「Return Of The Frog Queen」をこれまたSUB POPよりリリース。
21人編成のオーケストラを従えて。
JE.jpg
Jeremy Enigk “Return of the Frog Queen”【輸入盤のみ。。】


短い活動期間だったにもかかわらず、バンドを惜しむ声は多く、一部のファンの間では伝説的な存在にすらなっていたが、やがてウィルフー・ファイターズ脱退を機に、かつてのバンドメイト達は再接近、最終的にフー・ファイターズに残ったネイト以外のメンバーによって作り上げられた。
因みにその時みんなにもう一度SDREをやろうと連絡を取り、音頭を取ったのはジェレミーだったという。

再起を賭けた3rd“How It Feels To Be Something On”はジェレミーの才能が大きく飛翔した凄まじい作品となった。これはどうしたって、「神秘的」とか「美しい」と形容しちゃうしかない。ジェレミー・エニックのエモーショナルなファルセット・ヴォイス、どこか異国風でエキセントリックな研ぎ澄まされた静謐なギターサウンドがどこまでも深く突き刺さる。

しかし、最も暗く、陰鬱な本作は人によっては全く受けつけないのでは。

彼岸の音。アチラ側に行ってしまっている本作は、ある意味において選ばれた人間がある心理状態のとき、つまり一生のうちの一時期にしか創り出せない類のものじゃないかとか思う。[・・・・・・] 〔「SUNNY DAY REAL ESTATE その1【USインディー/EMO/グランジ】」

 

   In the Blue という "An Unofficial Sunny Day Real Estate Fan Site" の「歴史」のページ、"In the Blue - Sunny Day Real Estate fan site - History" で姑息に確認すると、かいつまんでいうと以下のような初期の話です。Dan Hoerner (1969年5月13日生)、Nate Mendel (1968年12月2日生)が1992年に同居してDan がギターを、Nate がベースを弾いてDanが歌も歌っていたのだが、ある夜クラブで演奏していたバンドのドラマーの William Goldsmith (1972年7月4日生) に目がとまり、誘ってEmpty Set を結成、ゴールドスミスがいたバンドのボーカルだったGreg Williamson も "sound tech and manager" として加わった。デモテープをつくったところで "Empty Set" の名前は既に他のバンドに使われていることがわかり、Chewbacca Kaboom に名称変更、さらにデモテープをつくるけれど注目されず。One Day I Stopped Breathing に変更。さらにSunny Day Real Estate に変更。1993年に自費制作でシングル発表。Nate はChrist on a Crutch というバンドのヨーロッパツアーに参加し、そのおりにハイスクール時代にいくつかのバンドで共演したことがあった Jeremy Enigk (1974年7月16日生) と再会、旧交をあたためます。Nateは帰国後にみんなで膝をつきあわせて(かどうかはわからんが)、これからどうするかを相談します。これまでのように Dan のボーカルできっちり3人編成で行くか、新たなボーカル& ギターとして Jeremy を入れるか。Jeremy と一緒に何度かセッションをやって、疑念と不安は払拭されます。

  というところぐらいにして、さて、次のようなのはどこからやってくる日本語でどこからやってくる情報なのかと疑問が起こったのでした。

ジェレミー・エニック【じぇれみー・えにっく】

2007/04/27 00:00更新

概要

別名:Jeremy Enigk 所属:人名 / エンタメ>音楽
概要:アーティスト

イザ語オフィシャル解説

サニー・デイ・リアル・エステイトの創立者でフロントマンのジェレミー・エニックがバンドの絶頂期に脱退すると、多くのファンは落胆した。それは丁度バンドがメインストリームに食い込みはじめている時期だった。音楽業界から離れてしばらく内省した後、エニックは96年にソロ・アルバム『ザ・リターン・オブ・ザ・フロッグ・クィーン』で復活。以前のギター・サウンドと胸を刺すような歌を放棄、新しくストリングスをアレンジして内向的かつ想像性豊かな物語を作り上げる。それはルネッサンス復興愛好家からエモ系、目の肥えたゴスまでがうっとりするような内容だった。エニックはその後、サニー・デイ・リアル・エステイトに戻るが、多くのファンにとってこのアルバムが頂点だったと言える。
解説提供:音楽ダウンロード・配信サイト ListenJapan

Jeremy Enigk

(じぇれみー・えにっく) [ジェレミー・エニック]
サニー・デイ・リアル・エステイトの創立者でフロントマンのジェレミー・エニックがバン ドの絶頂期に脱退すると、多くのファンは落胆した。それは丁度バンドがメインストリームに食い込みはじめている時期だった。音楽業界から離れてしばらく内省した後、エニックは96年にソロ・アルバム『ザ・リターン・オブ・ザ・フロッグ・クィーン』で復活。以前のギター・サウンドと胸を刺すような歌を放棄、 新しくストリングスをアレンジして内向的かつ想像性豊かな物語を作り上げる。それはルネッサンス復興愛好家からエモ系、目の肥えたゴスまでがうっとりするような内容だった。エニックはその後、サニー・デイ・リアル・エステイトに戻るが、多くのファンにとってこのアルバムが頂点だったと言える。
Jeremy Enigkのオフィシャルサイト:http://hubcap.clemson.edu/~bpmccal/hollow.html

音楽最新作品 (音楽ダウンロードタイトル一覧)
作品名 試聴曲数価格購入贈るリリース
ジャケット写真Return Of The Frog Queen   試聴聴く 9曲 単曲販売 詳細 詳細 2006/08/08
ジャンル
このアーティストも好きかも
※(  )内は各アーティストの楽曲数です。
Sunny Day Real Estate (0)
Kate Bush (79)
Tindersticks (48)
コミュニティ Powered by wacca
Jeremy Enigk のコミュニティ
・ Jeremy Enigk のファン数(0)
・ Jeremy Enigk のレビュー数(0)
・ Jeremy Enigk の楽曲レコメンド数(0)
・ Jeremy Enigk に関連するURLの数(0)
・ Jeremy Enigk に関連するニュースの数(0)
・ Jeremy Enigk に関連する掲示板の数(0 )

このアーティストで何か問題があればこちらまでご連絡ください

 "Abegail Ann" (3:04)
No time to see where you went Abegail
Moving throughout dallow water to spill
There crash a wave torn apart on its sail
Hope I will see the end one maybe will
Open eyes to see it all
I've known you at six feet tall
No time to see where you'll drift Abegail.
--------------------------------------------------------------------

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。