So-net無料ブログ作成
検索選択

October 2, September 18 歌うカウボーイのカウボーイの掟 The Code of the Cowboy by the Singing Cowboy [スザンナ周辺]

October 2, 2008 (Thursday)

September 18, 2008 (Friday)

September 8 歌うカウボーイの「おおスザンナ」 (1936)  Oh, Susanna! (1936) by the Singing Cowboy 

のつづきで、

September 10 小林旭と歌うカウボーイ Kobayashi Akira and the Singing Cowboy

のつづきでもあります。

 

 

    シンギング・カウボーイの代名詞Gene Autry ジーン・オートリー(1907 - 98) は、 テキサスの生まれですが、10代で両親とオクラホマへ引っ越し、若いころは St. Louis - San Francisco 鉄道のtelegrapher として働きます。いっぽう趣味でギターの弾き語りなどを地元のダンスパーティーなどでやるのですが、偶然Will Rogers と知り合ったのが縁で、1928年に"Oklahoma's Yodeling Cowboy"というラジオ番組に出ることになる。翌年コロンビアと契約、ヒルビリーや労働歌やさまざまなジャンルの曲をレコーディングします。そして人気ラジオ番組"National Barn Dance" (毎週土曜夜のカントリーミュージック番組)にパーソナリティーのひとりととして4年出演、そこで歌手のSmiley Burnette と出会います。バーネットはオートリーと一緒に数多くの映画に出演することになります。 

 National-Barn-Dance.jpg"National Barn Dance | Old Time Radio" <http://otrcat.com/nationalbarndance-p-1661.html>

  1934年、映画プロデューサーのNat Levine という人に声をかけられて、レヴィンの映画会社Mascot Pictures の映画にBurnette と一緒に歌うカウボーイカルテットのメンバーとして出演。翌年は主役級になり、"serial" の The Phantom Empire に出演(serialというのは映画館でメインの映画の間に流す短い続きものの映画です)。Mascot というのは1927年にレヴィンによってつくられたマイナーな映画会社だったのですが(ジョン・ウェインもMascot の西部劇のシリアルに出演しています)、1935年に Republic Pictures に吸収されることになり、オートリーも愛馬Champion と相棒バーネットと一緒にくっついていくことになり、1940年まで40本以上の映画、ぜんぶいわゆるB級ウェスタンに出演することになります。

  で、9月8日の記事で書いたように、 それはシンギング・カウボーイとしてのキャリアであり、1936年には "Oh, Susanna!" という、ちょっとパンクチュエーションが微妙に歌と違う、でも"Oh! Susanna" 「おおスザンナ」の歌をフィーチャーした映画をつくったりもしたのでした。で、このあいだの記事では、最後のところに、「この映画の最後はけしからんことにキスシーンでフェードアウトするのですが、どうやらその後次第にジーン・オートリーはカウボーイはかくあるべし、というような考えを抱いていくようになったようなのでした。」と書きました。 

  それは、どういうことかというと、最近の 「September 29 カウボーイ道 The Cowboy Way, ed. Paul H. Carlson」の記事で引いた歌の文句でいえば、 "I learned of all the rules of the modern-day drifter, Don't you hold on to nothin' too long.  Just take what you need from the ladies, then leave them. . ." ということです。「ぼくは現代の渡り者〔カウボーイのことです〕の掟を全部学んだ。ナニモノにも長く執着してはいかん、レディーからは必要なものを受け取るだけで、レディーのもとを去らねばならん」(ほんとは訳に自信なし)。

  それは、小林旭に即していうなら、 ふたたびノスタル爺さんのことばを借りれば、「シンギング・カウボーイがキスする相手は愛馬だけなのと同じように、渡り鳥もヒロインに対してキスはおろか、手さえ握らずに別れるんですね。」ということです(『西部劇私的博物館』 <http://www2u.biglobe.ne.jp/~kazu60/museum/index.htm>)。

divider.gif

  ジーン・オートリーは、"Cowboy Ten Commandments" とか "The Code of Cowboys" とか "Cowboy Code" とか呼ばれるカウボーイの掟の作者として有名です。いったいいつごろ書いたのか、Wikipediaとか見てもわからないので、ネットで検索すると、近年のHilary ClintonやGeorge Bush がらみの記事がいろいろとあって、いかに「カウボーイの掟」「カウボーイの規範」が倫理的な基準として政治の世界にまで浸透しているか(半分以上まじめに書いています)を感じました(参考―― "George Bush and the Cowboy Code"; "G. W. Bush, the Cowboy Code, and the Iraq War"; Hillary Clinton on Gene Autry's Cowboy Code; AN EDITORIAL: Correcting candidates on criticism of "Cowboy diplomacy)。

  それ以上に、広範にアメリカ人の倫理に共感を呼ぶものであることを、ちょっと距離を置きながらですが、感じました。ただ並べるだけのブログ記事がいかに多いことか(笑)。ただ並べるだけでは芸がないので、オートリーの歌「国境の南」にあわせてどうぞ(って他力本願寺ですが)――

"Gene Autry --The Cowboy Code" (2:50) posted by ratpackprincess38 on August 21, 2008

   まったり見ている余裕もあらばこそ、このあいだ買った論文集 The Cowboy Way の15章は "Reel Cowboys" という、映画におけるカウボーイを論じたものですが、そこの193ページに "Gene Autry's Cowboy Ten Commandment"という見出しで、あがっているのを引きます。

1.  The cowboy must never shoot first, hit a smaller man, or take unfair advantage.  (カウボーイは決して先に撃ってはいけないし、自分より小さい者をねらってはいけないし、不正な優位を利用してはいけない。)

2.  He must never go back on his word, or a trust confided in him. (カウボーイは決して言葉をたがえてはいけない(約束を裏切ってはいけない)、自分に置かれた信用を裏切ってはいけない。)

3.  He must always tell the truth.  (カウボーイはつねに真実を話さねばならない。)

4.  He must be gentle with children, the elderly, and animals.  (カウボーイは子供、老人、動物にやさしくなければならない。)

5.  He must not advocate or possess racially or religiously intolerant ideas.  (カウボーイは人種的、宗教的に不寛容な考えを唱えたり持ったりしてはいけない。)

6.  He must help people in distress.  (カウボーイは苦しむ人々を助けねばならない。)

7.  He must be a good worker.  (カウボーイはよく働かねばならない。)

8.  He must keep himself clean in thought, speech, action, and personal habits.  (カウボーイは思考、会話、行動、習慣において清潔でなければならない。)

9.  He must respect women, parents, and his nation's laws.  (カウボーイは女性、両親、国の法律を敬わねばならない。)

10.  The cowboy is a patriot.  (カウボーイは愛国者である。)

  年代は書いてありませんが、オートリーが、映画の曲の多くをを自分でつくり、主題歌を映画のタイトルにするということをした、と書かれたあとで、こんなふうに引用の前に説明があります。――

Gene deliberately demonstrated in his movies an ethical system compatible with the message in his theme song, "Back in the Saddle," where he declared that "the only law is right."  The values found in his movies were not put there by accident.  While he admitted "no claims for improving their intellects," Gene knew that the front row kids would try to imitate what they saw in the movies.  He set down a code of ethics for the genre and urged the other cowboy heroes to adopt the standard.  Gene knew that he took some "ribbing" about the Cowboy Code, but he took his role seriously.  "I never felt there was anything wrong with striving to be better thatn you are."  Consider these rules for cowboys written by Gene Autry and infused into his movies. (193)

   そうして、この「カウボーイ十戒」 はまもなく映画産業によってとりあげられるとともに、教会関係者、親、子供たちに認められたこと、ジーン・オートリーとロイ・ロジャーズは清い生活と誠実な仕事は報われるという考えを子供たちに与えたんだというようなことが書かれています(193-194)。ロイ・ロジャーズは1940年代に創設されたRoy Rogers' Riders Club という会の会則としてやっぱり規則を掲げました。――

Roy's Rules
1.  Be neat and clean.
2.  Be courteous and polite.
3.  Always obey your parents.
4.  Protect the weak and help them.
5.  Be brave butnever take chances.
6.  Study hard and learn all you can.
7.  Be kind to the animals and care for them.
8.  Eat all your food and never waste any.
9.  Love God and go to Sunday School regularly.
10.  Always respect our flag and our country.

こちらも年代は明確には書かれていません。 で、どっちが先なのかわからん。それに、自分が前にほのめかした、のちにオートリーは潔癖になるという推理の正しさも保証されないのでした。

  インターネットで調べを続けた結果を書きます。ブログ関係はだいたい他者追従(あるいはコピペ)が多く、一方年代を書かないという賢明なものも多いのですが、大胆に、"from 1930" とするもの(例1)、"circa 1930" とするもの(例1)、"from 1930s" とするもの〔例1例2例3、Cf. Oakland Tribune〕、"1939" とするもの(例1例2)、"1940" とするもの(例1)、"1944"とするもの(例1)、"1948" とするもの(例1)、"the early 1950's" とするもの(例1)、"the 1950's" とするもの(例1)など、多様です。そのなかでいくらかでも年代についての自信のほどがうかがわれるそうなのを検証すると、第一に、1944年というBoston Globe紙――このときオートリーは従軍しているので、ちょっと不自然(まあ戦時中に執筆したのを戦後発表したというのはありうるかもしれませんが)。第二に、1950年代初頭とする"Westerns" というThe Museum of Broadcast Communications の記事――"Perhaps the most self-conscious moralist of television's first western stars was Gene Autry, who in the early 1950s authored the Cowboy Code" <http://www.museum.tv/archives/etv/W/htmlW/westerns/westerns.htm> 、第三に、1930年代のなかでも1939年と特定し、しかも別のヴァージョンをあげている TKDTutor の "Code of Conduct" という記事 <http://www.tkdtutor.com/03School/Procedures/Code.htm> ――

In the 1930's, Gene Autry, who was a cowboy movie star and a hero to many children of the time, had a fan club that had a cowboy code of conduct. The following is an adaptation of the 1939 Cowboy Code.

  • Never take unfair advantage of someone. 〔先に撃ってはいけない、とかいうのがないのは「カウボーイは」というのでなく一般人向けのスタイルだからでしょうか。〕

  • Never go back on your word or reveal a trust confided in you. 〔これの後半は、信頼されて打ち明けられた秘密を漏らすな、というような意味だと思います〕

  • Always tell the truth.

  • Be gentle with children, elderly, and animals.

  • Do not advocate or believe in racially or religiously intolerant ideas.

  • Help people in distress.

  • Be a good worker.

  • Be clean in thought, speech, action, and personal habits.

  • Respect the opposite sex, parents, and our nation's laws.

  • Be a patriot.

  しかし、第四に、今日見つけた、1948年を具体的に記述するAssociatedContent のLarry Powell というメディア研究が専門の教授の記事<http://www.associatedcontent.com/article/385580/g_w_bush_the_cowboy_code_and_the_iraq.html?cat=9>――

Gene Autry took a similar approach [as Roy Rogers]. His "Cowboy Code" was first published in Life magazine in 1948 and subsequently promoted in his radio and TV shows.  It evolved from a list of rules that governed scripts for Autry's films. The number one item on the list: the cowboy does not shoot first.

  この記事によれば、1948年の『ライフ』誌に "Cowboy Code" が掲載され、ラジオやテレビ番組で喧伝されたということです。ここには1しか挙がっていませんが、助動詞が微妙に違うことがわかります。

   信じられるところはみんな信じて考えれば、1930年代後半にファンクラブの子供たち向けにこしらえたルール(その先例はいくつかあった可能性があります)が、改編を加えられて、戦後一般に公表され、あらためて映画でも喧伝され、さらに若干の修正が加えられて、今日ジーン・オートリー記念館におさまっているかたち(これは引用した本の文章とまったく同じです)になったのではないかと推測されます―"Gene Autry's Cowboy Code"(画像)

  それで、モーリちゃんの父的にいちばん気になっている問題、キスの問題なのですけれど、New York Times の記事に次のような信用していいかどうかわからない記述がありました。―― 

Each of Autry's movies honored his own devised ''cowboy code.''  One of the rules was that the cowboy must not kiss the girl. 

   これも好意的に考えれば、成文化されてはいないが、カウボーイの掟のひとつとして 「カウボーイは決して女の子にキスをしてはならない」というのがあった、という半分ユーモアの記述でしょうか。

   それにしても、だいたいは大まじめに共感され、親しまれているのがジーン・オートリーの「カウボーイの掟」なのでした。いろいろ読んでいて少数面白かったブログ記事のなかに、Joan Autrey というマーケティング・コンサルタントが仕事という女性の文章があります<http://joanautrey.typepad.com/joan_autrey_marketing_con/2007/03/cowboy_code.html>。子供のころにAnnie Oakley にあこがれてカウガールになる夢をもつ。アニー・オークリーというのは『アニーよ銃をとれ』のモデルになった射撃の名手です。曲うち・・・・・・というのは太鼓か・・・・・・曲芸的なものも含む恐るべき精度の射撃の腕前をもっていたひとです。バッファロー・ビルの大西部ショーの看板スターでした。

 AnnieOakley.jpg

g_03.jpg American Experience | Annie Oakley <http://www.pbs.org/wgbh/amex/oakley/index.html>

   ジョーンさんはガンとホルスターを買ってもらい、フリンジの付いたベストとカウボーイハットを身につけテレビに見入ります。もしもカウガールに掟があるなら、それはジーン・オートリーのものと似たものだったろう。それに名前が似ている。

  そして、ジョーンさんはブログ記事にオートリーのカウボーイ十戒を引き、"Perhaps one more to add to the list would be, 'He must be flexible when it comes to the honoring the differences between Cowboys and Cowgirls. . .' " と付け加えます(思えば、1939年のヴァージョンだったら"woman" じゃなくて "opposite sex" だったから差別がなくてよかったのにw)。でもそのあとにWill Rogers のCode を書きくわえてブログ記事を閉じるのでした。そうです、ジーン・オートリーが芸能界に入るきっかけをつくったウィル・ロジャーズです。

250px-WillRogers.jpeg "Will Rogers (1879 - 1935) before 1900" from Wikipedia "Will Rogers" <https://secure.wikimedia.org/wikipedia/en/wiki/Will_Rogers>

  ウィル・ロジャーズはチェロキーインディアンの血を両親から引く、現在のオクラホマ、当時のIndian Territory* 出身のカウボーイ、ヴォードヴィル役者、ユーモア作家、映画俳優、エッセイストです(英語版のWikipedia "Will Rogers"によれば、lariat の名手で、3本のロープを同時に投げて馬の首と騎手と馬の脚のすべてにかけるというギネス記録をもっていたとか("listed in the Guinness Book of World Records for throwing three ropes at once—one around the neck of a horse, another around the horse's rider, and a third around all four legs of the horse"))。1935年に亡くなったウィル・ロジャーズがこういうパロディーの香りフクイクたる Cowboy Code を残しているということはすでにマジメなCowboy Code 的なものが存在していたことを示すものでしょう。そしてそれは彼がインディアンの血を引いていることとは関係がないと思います。ちょっと8は下品だし10は長すぎますが、こっちの方が好きかも(爆)――

 

And Then There's Will Rogers

Will Rogers was an author, humorist and philosopher, and a cowboy of considerable wry wit and charm.  Here is his take on the Cowboy Code:

  1. Never slap a man who's chewing tobacco.Will_rogers2
  2. Never kick a cow chip on a hot day.
  3. There are 2 theories to arguing with a woman...neither works.
  4. Never miss a good chance to shut up.
  5. Always drink upstream from the herd.
  6. If you find yourself in a hole, stop digging.
  7. The quickest way to double your money is to fold it and put it back in your pocket.
  8. There are three kinds of men: The ones that learn by reading. The few who learn by observation. The rest of them have to pee on the electric fence.
  9. Good judgment comes from experience, and a lot of that comes from bad judgment.
  10. If you're riding' ahead of the herd, take a look back every now and then to make sure it's still there.
  11. Lettin' the cat outta the bag is a whole lot easier'n puttin' it back.
  12. After eating an entire bull, a mountain lion felt so good he started roaring. He kept it up until a hunter came along and shot him . . . The moral: When you're full of bull, keep your mouth shut!

 

 

divider.gif

 

Lisa Fabrizio, "George Bush and the Cowboy Code" RenewAmerica <http://www.renewamerica.us/columns/fabrizio/040930> 〔2004.9.30〕

Larry Powell, "G. W. Bush, the Cowboy Code, and the Iraq War" Associated Content <http://www.associatedcontent.com/article/385580/g_w_bush_the_cowboy_code_and_the_iraq.html>

Hillary Clinton on Gene Autry's Cowboy Code <http://www.nhelects.com/NHPrimaryVideos.asp?MultiID=68&HTitle=VLTitle> 〔Hillary Clinton - Sentinel Interview 11/7/07

AN EDITORIAL: Correcting candidates on criticism of "Cowboy diplomacy" <http://nhelects.org/NHPrimaryEditorials.asp?LinkID=18&HTitle=EdTitle> 〔"The View from Cheshire County: The N. H. Presidential Primary: A Feature of SentinelSource.com no date〕

Mark Whittington, "Barack Obama to Hillary Clinton: You're No Annie Oakley: And Other Comparisons by Candidates to the Greats of History" <http://www.associatedcontent.com/article/713765/barack_obama_to_hillary_clinton_youre.html?cat=9>

Alvin Klein, "Cowboy Music, but No Horse" <http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=950DEEDA153DF935A15752C1A96F948260> 〔New York Times, THEATER: November 26, 1989〕

Joan Autrey, "Gene Autry's 1939 Cowboy Code of Ethics" <http://joanautrey.typepad.com/joan_autrey_marketing_con/2007/03/cowboy_code.html>

* Indian Territory

Okterritory.png"Oklahoma and Indian Territory, 1890s"

Wikipedia, "Indian Territory" <https://secure.wikimedia.org/wikipedia/en/wiki/Indian_Territory>

 

こんなところまで長々と読んでいただいたのは他生の縁をさえ感じます。どれでも押してもらえるとうれしく泣いてしまいそうです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 本ブログ 洋書へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。