So-net無料ブログ作成

September 27 アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (1 2/3)  " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (1 2/3) [歌・詩]

September 27, 2008 (Saturday)

September 15 アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (1)  " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (1) の3分の1つづきの

September 26 アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (1 1/3)  " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (1 1/3) のつづきです。

 

    Correct if wrong "S'wonderful" Lyrics by "Rod Stewart" <http://edit.mp3lyrics.org/r/rod-stewart/swonderful/> という、歌詞を正していく(ことを呼びかける)ページの元のページは "ROD STEWART Lyrics - S'WONDERFUL" <http://www.mp3lyrics.org/r/rod-stewart/swonderful/> で、そちらには中央下に "Related Lyrics" という欄があって、20、全部がrelated とは思えないけれど、上のほうには同じ曲を違うアーティストが歌ったものが並んでいます。――

  1. Ella fitzgeraldS wonderful
2. Stacey kent's wonderful
3. Harry connick, jr.S'wonderful
4. Diana krallS wonderful
5. Maureen mcgovern's wonderful

 

  これらを全部確認してみたのですが、1のElla Fitzgerald と2のStacey Kent とRod Stewart は歌詞がverse と chorus ともに同じでした。 3以下はverse がないchorus 部だけちがうかたちで入っていました(その中で知っているのは4. Diana Krall ですけれど、歌っていないリフレインが書きこまれています)。で、Rod Stewart と Stacey Kent (このひとは女性です)とElla Fitzgerald の " 'S Wonderful " の歌詞は、この歌詞サイトでは次のような記述になっています。――

Don't mind telling you, in my humble fash
That you thrill me through, with a tender pash,
When you said you care, 'magine my emoshe
I swore then and there, permanent devoshe,
You made all other men seem blah
Just you alone filled me with ahhhhhhhh......

's wonderful, 's marvellous
you should care for me!
's awful nice, 's paradise,
's what I love to see.

You've made my life so glamorous,
You can't blame me for feeling amorous!
Oh 's wonderful, 's marvellous,
That you should care for me!

's magnificque, 's what I seek
You should care for me.
's elegant, 's what I want,
's what I love to see.

My dear, it's four leaved clover time,
From now on my heart's working overtime,
's exceptional, 's no bagatelle,
That you should care for...
That you should care for...
That you should care for me.......

  第一連5行目に「他の男の人たち」(other men) とあるので、明らかにこのverse は女性(女声)ようのものです。まあ、艶歌ふうに女性の立場になって男が歌ってもいいけど。どうやらただコピペで流用されているらしい。ただ、Stacey Kent と Ella Fitzgerald のページには、このあとに以下のようなオマケがついています。――

Original Version:
Verse 1:
Peter:
Life has just begun:
Jack has found his Jill.
Don't know what you've done,
But I'm all-a-thrill.
How can words express
Your divine appeal?
You could never guess
All the love I feel.
From now on, lady, I insist,
For me no other grls exist.

Refrain 1:
's wonderful, 's marvellous
you should care for me!
's awful nice, 's paradise,
's what I love to see.

You've made my life so glamorous,
You can't blame me for feeling amorous!
Oh 's wonderful, 's marvellous,
That you should care for me!

Verse 2:
Frankie:
Don't mind telling you, in my humble fash
That you thrill me through,
with a tender pash,
When you said you care, 'magine my emoshe
I swore then and there, permanent devosh,
You made all other men seem blah
Just you alone filled me
with ahhhhhhhh......

Refrain 2:
's wonderful, 's marvellous
you should care for me!
's awful nice, 's paradise,
's what I love to see.

You've made my life so glamorous,
You can't blame me for feeling amorous!
Oh 's wonderful, 's marvellous,
That you should care for me!
My dear it's four-leaf clover time;
From now on my heart's working overtime.
Oh, 's wonderful! 's marvellous
That you should care for me!

  これはなんでしょう。というか、これはなんでしょう、と普通の人は思うと思うのですが、貼った人は思わなかったのでしょうか。Peter と Frankie って誰や? ここで、この歌が1951年のオードリ・ヘップバーンとフレッド・アステアの映画『ファニー・フェース』(『パリの恋人』)の前に1927年にミュージカルで最初に使われたことを知る人は、そのミュージカルの配役だろうと考えるでしょう。し、そもそもそれだけ知識がある人は、フランキーはフランキー堺のように男じゃなくて、女の名前でもあったことを思い出すかもしれない(例が悪いですね・・・・・・カーソン・マッカラーズの『結婚式のメンバー』の主人公の背の高い少女がFrankieでしたが、フランキーというのはふつうは男の子の名前です(Francis の愛称))。

 

  それにしてもこの奇妙な情報の過剰さ(中途半端な過剰さだけれど)はなんなのでしょう。


 

  調べてみると、どうやら次のサイトがデドコロらしいことがわかりました。―― <http://www.thepeaches.com/music/ella/SWonderful.htm>

   なんでかというと、地味だから(笑)、あと歌詞の前に他のサイトにはない情報が書かれている――

 

Album Title:               George and Ira Gershwin Songbook, disc 10
Prime Artist: Ella Fitzgerald
Arranger: Nelson Riddle

Lyrics by: Ira Gershwin (b. Israel Gershvin)
Music by: George Gershwin (b. Jacob Gershvin)
Producer: Norman Granz


Orchestra: Nelson Riddle
From the Film: An American In Paris 1950 (M)
  映画『巴里のアメリカ人』 への言及もあります。
 

そして、ページの一番下のリンクをクリックすると、 Todd Peach's Artist Lyric Links (Todd's Lyrics and Links) という立派なホームページに戻るのでした。エラ・フィッツジェラルドが好きなようで、Ella Fitzgerald Page からの副産物というか派生物として George and Ira Gershwin Lyrics Page ができたとの説明です(George は余分だと思いますが)。でもここにあがっているタイトル(さっきの歌詞のページにタイトルは欠けていた)は " S Wonderful " になっていますね。そして、この歌詞を引いているサイトのかなりの数が曲名を " S Wonderful" と、アポストロフィーのない S にしていることも確認されます。いかんね。エラからいってもアイラからいっても同じ歌詞ページか。やれやれ。

  その後、モーリちゃんの父はひたすらWEBでFrankie、Peter のFunny Face のシナリオなり詞なりを探したのですが、見つかりませんでした。 

  やはりインターネットでは限界がある。

  と思い重い腰をあげることにしたしだいです。 ひさしぶりにUCBの大学音楽図書館に行ってきます。

つづく

------------------------------------------

LyricsFreak <http://www.lyricsfreak.com/> 〔歌詞サイト。各国語に瞬時に翻訳するとは知りませんでした。e.g. "Ella Fitzgerald | S Wonderful "フランス語 日本語: すばらしいsすばらしいs / 私を気遣うべきである! / sのひどい素晴らしいのsの楽園、/ 私が愛する何を見ることをs / Youveは私の生命をそう魅力的にさせた、 / 艶かしい感じを責任にする私の傾く! / 、すばらしいsすばらしいオハイオ州s / 私を気遣うべきであること! 〕

Todd Peach's Artist Lyric Links (Todd's Lyrics and Links) <http://www.thepeaches.com/music/> 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。