So-net無料ブログ作成

October 4 ミュージカルの歌詞というもの(上)――アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (3)  On Musical Lyrics: " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (3) [歌・詩]

October 04, 2008 (Saturday)

October 3, September 30 アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (2)  " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (2)

のつづきです。

   1993年、The Complete Lyrics of Ira Gershwin という、3段(列)組の大型本が、アイラ・ガーシュウィン (1896 -1983) が生前に Lyrics on Several Occasions を出したニューヨークのKnopf 社から刊行されます。もっともこれはシリーズ本で、他にも同じ編者により The Complete Lyrics of Cole Porter (1983), The Complete Lyrics of Lorenz Hart (1986, ed. with Dorothy Hart), The Complete Lyrics of Irving Berlin (2000, ed. with Linda Emmet), The Complete Lyrics of Frank Loesser (2003, ed. with Stephen Nelson)と出されて、今年2008年にはAmy Asch 編による The Complete Lyrics of Oscar Hammerstein II が出た、立派なシリーズです。

IraGershwin_DCARead.jpgIrvingBerlin.jpgFrankLoesser.jpg

Robert Kimball, ed.  The Complete Lyrics of Ira Gershwin.  New York: Knopf, 1993; rpt. London: Pavilion, 1994; New York: Da Capo, 1998.  ISBN:0394556518 : 9780394556512; 185793248X 9781857932485; 0306808560 9780306808562.  448pp.

700曲の歌詞がおさめられていますが、その半分以上はそれまで印刷されたことがなかったもので、図書館や原稿や個人のコレクションやらを渉猟してまとめられたものです。本の頭にはくわしい年譜がついていて、巻末には詳細な索引もついています。年代順に並んでいて、ミュージカル挿入歌の場合はミュージカルごとにまとめられているのですが、Funny Face は101頁から112ページまで、収録歌詞は順に、"Birthday Party" "Funny Face" "High Hat" "'S Wonderful" "Let's Kiss and Make Up" " Come! Come! Come Closer!" "Finale, Act I" "In the Swim" "He Loves and She Loves" "Tell the Doc" "My One and Only" "The Babbitt and the Bromide" "Blue Hullabaloo" "Aviator" "When You're Single" "Your Eyes! Your Smile!" "How Long Has This Been Going On?" "The World Is Mine" "Finest of the Finest" "Dance Alone with You" "Acrobats" "Bluebeard" "Invalid Entrance" "When the Right One Comes Along"となっています。

  "'S Wonderful" は103ページの3コラム目の頭から、104ページの3コラム目の4行目までに載っています。まず冒頭で1927年10月に発表された詞であること、Adele Astaire (Frankie 役) と Allen Kearns (Peter 役) の持ち歌だが、〔Funny Face にタイトルを変えてブロードウェイの舞台に11月に あがる、その前1ヶ月間 Smartyという題で〕tryout したときにはPeter 役はだいたいは Stanley Ridges だったこと、そしてロンドン公演ではAdele Astaireと Bernard Clifton が歌ったことが注記されています。それから線で区切って、Lyrics on Several Occasionsから3段落まるごとIra Gershwin のコメンタリーが引用されています(これについては前のブログ記事を参照)。そして、使われなかったヴァージョンも含む、この歌のテキストが記載されています(まあ、細かいことをいうと、字句のちがいはどこに由来するのかtextual notes がほしいところではありますが)。――

VERSE 1
  PETER:     Life has just begun:
                Jack has found his Jill.
                Don't know what you've done,
                But I'm all a-thrill.
                How can words express
                Your divine appeal?
                You could never guess
                All the love I feel.
                From now on, lady, I insist,
                For me no other girls exist.

REFRAIN 1
                'S wonderful! 'S marvelous―
                You should care for me!
                'S awful nice!  'S Paradise―
                'S what I love to see!
                You've made my life so glamorous,
                You can't blame me for feeling amorous
                Oh, 's wonderful!  'S marvelous―
                That you should care for me!

VERSE 2
  FRANKIE:  Don't mine telling you
                 In my humble fash
                 That you thrill me through
                 With a tender pash.
                 When you said you care,
                 'Magine my emosh;
                 I swore, then and there,
                 Permanent devosh.
                 You made all other boys seem blah;
                 Just you alone filled me with AAH!

REFRAIN 2
                'S wonderful! 'S marvelous―
                You should care for me!
                'S awful nice!  'S Paradise―
                'S what I love to see!
                My dear, it's four-leaf-clover time;
                From now on my heart's working overtime
                Oh, 's wonderful!  'S marvelous―
                That you should care for me!

  ここまでは、"four-leaf-clover" のハイフンの有無や、"Life has just begun:" のコロンとかいう問題を別にすれば、並びも含めてLyrics on Several Occasions と同じ情報です。しかし、このあとにあれこれとvariant が並んでるのです。まず " Version sung in 'Finale Ultimo' " と題された10行――

FRANKIE: 'S wonderful!
   PETER: 'S marvelous―
    BOTH:  City hall's in view.
FRANKIE:  'S marriage licence.
   PETER:  'S Niag'ra Fall.
    BOTH:  'S 'appiness for two!
 DUGSIE:   You've made my life so ting-a-lish;
                I'll even overlook your Eng-a-lish.
   JIMMY:   Oh, wedding bells fill the air
                Now that I know you care.

    なんですのん、これ? わ、わからん。ということで先送りにして、"Unused Stanzas" 一挙公開――

VERSE 3
  PETER:     How can I refuse
                Damsel in distress?
  FRANKIE: There's no time to lose
                On this awful mess.
  PETER:     If danger you behold,
                Please do not be blue.
  FRANKIE: Like a knight of old,
                I know you'd come through.
  PETER:    I'm at your beck and call, you see,
                A Boy Scout once I used to be.

REFRAIN 3
                'S wonderful! 'S marvelous―
                Fate sent me to you.
                Chivalry 'peals to me;
                Your troubles I'll undo.
                Fair maid, your smile will lead me on;
                And your rescue I will speed me on.
                Oh, 's wonderful!  'S marvelous―
                Meeting someone like you.

VERSE 4
  FRANKIE: If I'm in a daze,
                 I am not to blame.
                 Having heard your praise,
                 I'll never be the same.
                 When at last fate brings,
                 Someone you adore,
                 And he tells you things―
                 Who could ask for more?
                 There really is Santa Claus!
                 My dear, I'm sure there is, because

REFRAIN 4
[refrain 2 に同じ]

VERSE 5
  PETER:     You are very young;
                Shouldn't talk that way.
                You're too highly strung
                To know what you say.
                Someday there'll appear
                Your ideal, no doubt;
                I am only here
                Just to help you out.
                There will be hundreds, by and by,
                Who'll be far worthier than I.

REFRAIN 5
                'S wonderful! 'S marvelous―
                All that you've told me[.]
                'S awful nice!  'S Paradise―
                To that I must agree.
                But oh, what's all this dizziness?
                I thought that I came here on business.
                Oh, 's wonderful!  'S marvelous!
                But why must you pick on me?

REFRAIN 6
                'S magnifique!  'S what I seek―
                You should care for me!
                'S élégant!  'S what I want!
                'S what I love to see!
                You've made my life so ting-a-lish;
                I'll even overlook your Eng-a-lish..
                'S exceptionnel!  'S no bagatelle―
                That you should care for me!

 

    以上でテキストは終わりです。verse 3 はほとんど芝居のセリフのようです。いやー、やっぱりこういうミュージカル作詞家はほとんどシェークスピアみたいなものですね、韻を踏みながら詩行でセリフをつくっていくという。それからrefrain 6 ではどこかで見たことのあるフレーズに出会うのでした。はい、そうです。エラ・フィッツジェラルドの歌の最後のところです――

's magnificque, 's what I seek
You should care for me.
's elegant, 's what I want,
's what I love to see.

My dear, it's four leaved clover time,
From now on my heart's working overtime,
's exceptional, 's no bagatelle,
That you should care for me. [thepeaches.com]

  そしてまた、 thePeaches.com だと "From the Film: An American In Paris  1950 (M)" としている、その映画『巴里のアメリカ人』へのアイラ・ガーシュウィンの関与として Philip Furia が記述していたフレーズがここに合わせて出てくるではないですか(「September 26 アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (1 1/3)  " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (1 1/3)」 を参照)。つまり、研究者のPhilip Furia によれば、アイラは、フランス人とアメリカ人の男ふたりによるデュエットという設定のために新たな「コーラス」部の歌詞を書き足しました。英語とフランス語のまじりあいのあと、最後はこうなって締めくくられると――

You've made my life so ting-a-lish;
I'll even overlook your Eng-a-lish!
'S exceptionnel!  'S no bagatelle―
That you should care for me!

  そして、だけど、この歌詞が映画にほんとにあるんだろうかないんだろうか、ということも書きました。Furia の文章というのは、そのときに直接引かなかった言葉もあわせて原文で引けば、ここです、ここ――

Ira added a new chorus to " 'S Wonderful " to provide a Franco-American duet between Kelly and Georges Guetary.  The Frenchman exults " 'S magnifique!" and ["] 'S elegant!" while Kelly shoots back with " 'S what I seek" and " 'S what I want." (Ira Gershwin: The Art of the Lyricist [OUP, 1996] 208)

    ウソだったのかよ、半分は。 このFuria の本に引かれている4行は、refrain 6 の後半そのままです。Furia の本が出たのは1996年で、索引を見ると一ヶ所だけ、Robert Kimball のComplete Lyrics への言及はあります(p. 96; note20 (252)) が、あとはKimballの他の著書への言及はあるものの、Complete Lyrics のテキストを使ったふうには見えません。どういうことなのでしょうか。Complete Lyrics のテキストにはミュージカルのあとの戦後の映画のためのアイラの原稿がまぎれこんだのでしょうか。

   なんか週末はモーリちゃんがパソコンでアニメを見るので、なかなか書けません。以上書いてから十数時間たって、ようやく日曜日の朝早起きして戻ってきたところです。ここでもう一度切って考えをまとめて出直してきます。

   あ、アイラ・ガーシュウィンが、映画『巴里のアメリカ人』に、亡くなったジョージのようにクレジットだけではなくって in person に関与していたことは、証拠がありますねん。

IraGershwin(1950)withVincentMinnelli,GeneKelly,ArthurFreed.jpg

左から、Vincent Minnelli (監督 director), Ira Gershwin (音楽・詞 music: lyrics), Gene Kelly (Jerry Mulligan 役), Arthur Freed (プロデュース producer) (1950). 

    と、写真の加工に時間をとったりもして、その勢いでもうちょっと書きます。

  この、Furia は 映画『巴里のアメリカ人』で addしたと記述している歌詞の一部は、しかし、上で、引用しっぱなしにした " Version sung in 'Finale Ultimo' "に出てきていました (DUGSIE:   You've made my life so ting-a-lish; I'll even overlook your Eng-a-lish.)。だから、新たに書き足したのではなくて、過去の詞を再利用した、というのが正しいでしょう。

  どうして音楽学者や文学楽者は適当なことを思いついたままに書くのでしょう。

    a)  人による。 b)  人のことは言えんぞ。

a)にほんブログ村 本ブログ 洋書へ b)にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

 ----------------------------------------------------------------

Crazy for Gershwin <http://ira.blogtribe.org/?bid=> 〔"Finale Ultimo" を調べていて遭遇したガーシュウィンのファンの日本人のブログ 「GershwinのCDをひたすら紹介するブログ。(主旨説明)」 アルバム情報がくわしいです。「オリジナル・キャスト・レコーディング・シリーズ」に Funny Face はないのかしら・・・・・・あとで調べてみよ〕

 


 

文献メモ( October 12 【personal note】 Funny Face (1927))

をはさんで、以下へ続きます。

October 8, 19 『ファニー・フェース』 (1927) のプロット I ――ミュージカルの歌詞というもの(下の1)――アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (4)  On Musical Lyrics: " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (4)

October 19 『ファニー・フェース』 (1927) のプロット II ――ミュージカルの歌詞というもの(下の2)――アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (5)  On Musical Lyrics: " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (5) 

October 21 『ファニー・フェース』 (1927) のプロット III ――ミュージカルの歌詞というもの(下の3)――アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (6)  On Musical Lyrics: " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (6)

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。