So-net無料ブログ作成

October 8, 19 『ファニー・フェース』 (1927) のプロット I ――ミュージカルの歌詞というもの(下の1)――アイラ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」 (4)  On Musical Lyrics: " 'S Wonderful" by Ira Gershwin (4) [歌・詩]

October 08, 2008 (Wednesday)

    「ス・ワンダフル」について、歌詞のヴァリエーションがあまりにたくさん出てきたので、ひとつの独立した曲としてではなく、ミュージカルのなかの曲として考えざるを得なくなったのだけれど、いまのところ1927年のミュージカル『ファニー・フェース』について、モーリちゃんの父はせいぜいあらすじとキャストくらいしかわかりません。

  インターネットで調べていると、IBDB [Internet Broadway DataBase]: The Official Source for Broadway Information というサイトがあることがわかりました <http://www.ibdb.com/index.php>。Funny Face のページ <http://www.ibdb.com/production.php?id=10498>には、劇場のAlvin Theatre, (11/22/1927 - 6/23/1928)〔実はこの劇場のコケラオトシだったのです〕や、初演日やカテゴリーや、2幕のミュージカルだということやSetting はJimmy Reeve 〔カリフォルニア時間20日朝追記―IBDB はReeve としていますが Reeves が正しいようです〕邸、Peter Thurston 宅、New JerseyのWapatog 湖、Atlantic City とか情報、そして、"Songs in this Production"という別ページへのリンク、それから初演時のスタッフ "Opening Night Production Credits"、初演時のキャスト"Opening Night Cast"の一覧が並んでいます。残念ながら、物語・筋書きは書かれていないみたいですけれど。

  モーリちゃんの父はUCバークレー の音楽図書館のレファレンスルームで、 Catalog of the American Musical: Musicals of Irving Berlin, George and Ira Gershwin, Cole Porter, Richard Rogers & Lorenz Hart by Tommy Krasker and Robert Kimball を参照したのだが、ガラスのドアの出入り口を出て番台みたいなところに座っているお姉さんの前を通らないとコピーの機械のあるところまで行けない。ちょっと迷ったけれど、持ちだしてコピーはダメよ、とか見とがめられるのが怖かったし、書き写すことにした。昔は必要なメモを手書きで写し取っていたのだものね、みんな。

  しかし、WEB にはたとえばGoogle Book Search というようなものもあって、検索してみると、出てきます、断片的にだけれど。知らなかった本も。

  マイナーな役のDugsie で検索すると、<http://books.google.com/books?hl=ja&as_brr=0&id=WosYAAAAIAAJ&dq=Funny+Face+American++Musical&q=Dugsie&pgis=1#search> と、あ、やっぱり1ページだけやね。しかし「この書籍に登場する場所」とか、ほんとかどうかわからんが出てくるのがすごい。小説とかだと面白いかも。

  閑話休題。 図書館で書きとったメモがどこかにまぎれて見当たらないので、このページから書き取ります(pdf.なのでコピペが単純にはできない)。

Jimmy Reeves has three wards: Frankie, June, and Dora.  When Jimmy takes Frankie's diary (she has been filling it with nasty lines about him), Frankie enlists a pilot she worships (Peter) and Dora's boyfriend (Dugsie) to steal it back.  But while Peter and Dugsie are carrying out their mission, two real crooks―Chester and Herbert―break into Jimmy's home to purloin the family jewels.  The diary and the jewels (both kept in blue envelopes) [. . .] とここまでしか見られません。

  ジミー・リーヴズはフランキー、ジューン、ドーラという3人の若い女性の後見人。ジミーの悪口を書いている自分の日記をとりあげられたフランキーは、飛行士のピーター、そしてドーラの恋人のダグシーに、取り戻してもらうように取りつける。しかしピーターとダグシーが任務を完遂しようとしているとき、ふたりの本物の泥棒、チェスターとハーバートが宝石を盗みにジミー邸に押し入る。どちらも青い封筒に入った日記と宝石が・・・・・・

 

 


October 19, 2008 (Sunday)
  『ファニー・フェース』の筋をたどる――1

 


   その後、あれこれ調べたものを打ち込んでメモとして「October 12 【personal note】 Funny Face (1927)」にまとめました。ネット上に複数の媒体ででまわっているThe Oxford Companion to American Theatre の記述では、つぎのようなあらすじになっています。――保護者のJimmy Reeves ジミー・リーヴズ(フレッド・アステア)が Frankie フランキー(アデル・アステア)に宝石類を渡すのを拒んだので、フランキーが男友達のPeter Thurston ピーター・サーストン(アレン・カーンズ)に盗み出すよう依頼する。ふたりのコミカルな強盗Herbert ハーバート (ヴィクター・ムーア)と Dugsie ダグシー (ウィリアム・ケント)も宝石をねらっているが、仲間割れをしてしまう。しかしハーバートは射撃のライセンスをもっていないのでダグシーを撃てない。ということですべてまるくおさまり、フランキーは宝石と恋人を手に入れる。

   これは、上の断片的あらすじと違っているように見えますが、あれこれと総合するとこれから書くような話であったようです。ちょっと書いてみたのですが、音楽でも聞きながらのんびりと考えるのもよいかという気になったので、プロットを探りながらリンクをはります。問題は、ブロードウェイ前のプレ公演で最初から評判が悪く、徹底的な書き直しや入れ替えを行ない、それが直前まで続いたし、ブロードウェイ以降も、筋書きの改変はともかく、歌の取捨はあったことです(もちろんブロードウェイ前のtryout 時の変更が大きいのですが、"Blue Hullabaloo" という曲がブロードウェイ公演の初期に落とされてロンドン公演では使われなかったとか、ロンドン公演では"He Loves and She Loves" のかわりにガーシュウィン以外の手になる"Imagination" という曲が使われるとか、他の曲にも歌詞の追加(アイラのものではないと推測されている)があるとかもするわけです)。

  メモのD, E, F の文章に改編の苦労が書かれています。適当にまとめると、リブレット libretto (劇場音楽の台本)は、もともと Fred Thomson とRobert Bencheley の手になる  Smarty でしたが、10月11日に始まるフィラデルフィアの初演で不評のためにベンチリーがおりる。そこでPaul Gerard Smith が呼ばれて曲の差し替えが行われると同時に、喜劇俳優のVictor Moore が投入される(コミカルな強盗役です)。Dの書き方では、この書き換えは要するにコメディーの要素を強化するもので、そこで入ってきたのが陳腐ではあるけれども宝石泥棒というプロットに加えて取り換えや誤解から生まれる笑いのディテールだったようです。

  ニューヨーク公演での物語はだいたい次のようです(次回に続きますが)。曲を青字で示すことにします。ジミー・リーヴズ(Jimmy Reeves)は自分の養い親の3人の実の娘ドーラ(Dora)、ジューン (June)、フランキー(Frankie)の後見人になっている〔このことは世代的には被後見人と後見人が同世代であり、ジミーとフランキーたちがそんなに年齢が離れていないこと、つまり恋愛の可能性があることを予想させます。実際のところ、舞台ではジミー役のフレッド・アステアの姉のアデル・アステアがフランキーを演じました。〕。娘たちは後見人ジミーの誕生日を祝うパーティーを開いている。客の中にドーラのボーイフレンド、ダグシー・ギブズ(Dugsie Gibbs) がいます["Birthday Party"――歌はゲストとドーラとジューンで、フランキーは不在。フィラデルフィアでは1幕の4曲目だったのが10月24日にオープニングナンバーに。tryout ではジューンとOlive という役の女性が歌ったが、オリーヴ役はニューヨークでは落とされてドーラに]。嘘つき娘のフランキーは、日記にジミーについての中傷を書き込み、ジミーは日記を没収して、封筒に入れて金庫の中に保管している。日記を取り戻したいフランキーはジミーの機嫌を取ろうとする(ここで歌われるのが "Funny Face"です)。 ミュージカルのタイトルとなる"Funny Face" は11月7日から12日のAtlantic City での公演で付け加えられた曲です。そのときは第1幕の終わりから2番目の曲でした。The Complete Lyricsでは "Birthday Party" の次に2曲目として102から103ページに載っています。

"Funny Face"

VERSE 1
JIMMY:        Frankie, dear, your birthday gift reveals to me    1
              That at heart you're really not so bad.
              If I add, your funny face appeals to me,
              Please don't think I've suddenly gone mad.
              You have all the qualities of Peter Pan;                5
              I'd go far before I'd find a sweeter pan.
              And yet

REFRAIN 1
              I love your funny face,
              Your sunny, funny face;
              For you're a cutie                       10
              With more than beauty;
              You've got a lot
              Of personality N. T.
              A thousand laughs I've found
              In having you around.                15
              Though you're no Gloria Swanson,
              For worlds I'd not replace
              Your sunny, funny face.

VERSE 2
FRANKIE:        Needn't tell me that I'm not so pretty, dear,
              When my looking glass and I agree.          20
              In the contest at Atlantic City, dear,
              Miss America I'd never be.
              Truth to tell, though, you're not such a lot yourself;
              As a Paul Swan, you are not so hot yourself.
              And yet                                              25

REFRAIN 2
              I love your funny face,
              Your sunny, funny face.
              You can't repair it,
              So I declare it
              Is quite all right―              30
JIMMY:        Like Ronald Colman?
FRANKIE:        So's your ol' man!
              Yet it's very clear,
              I'm glad when you are near.
              Though you're no Handsome Harry   35
              For worlds I'd not replace
              Your sunny, funny face.

REFRAIN 3
FRANKIE:      I love that funny face,
              That sunny, funny face.
              Though it upsets one,       40
              In time, it gets one― 
              That's true, for you
              Have personality for two.
              Those eyes!  Those nose!  Those cheeks!
              Won't make a movie sheik,         45
              But though you're no patootie,
              For worlds I'd not replace
              Your sunny, funny face.

EXTRA CHORUS
FRANKIE:     [to dog] I love your funny face,
              Your sunny, funny face.         50
              You never bother
              About your father.
              Have you no shame?
              You're just a mutt and nothing but!
              Yet when you wag your tail,         55
              You'll never be for sale.
              Though you're no Rin Tin Tin, dear,
              For worlds I'd not replace
              Your sunny, funny face.

    語注をつけます(この曲については訳がでまわっておらぬようで、自信ないす)。

5行目のPeter Panと韻を踏んでいる6行目のpan: なんだかわからないけれど "face" の意味にとっておきます。
13行目の personality N.T.: 辞書に容易に見つかりませんが、「パーソナリティー心理学」における人格の類型でまずNとSに人は二分され、Nは思考型で客観的な習慣と感情を特徴とするタイプ(Sは知覚に軸があるタイプ)、さらにNTは科学者やエンジニアといった類型のようです。(Cf. "Personality psychology" wikipedia <https://secure.wikimedia.org/wikipedia/en/wiki/Personality_psychology> 日本語版「人格心理学」は書きかけ項目)
16行目: Gloria Swanson はサイレント時代のハリウッドを代表するアメリカの映画女優 (1899-1983)。


GloriaSwanson.jpg

  Gloria Swanson in Teddy at the Throttle (1917)

paulGreatest_dancer_swan_copy.jpg

24行目: Paul Swan は「the most beautiful man in the world 世界で最も美しい男」と言われたアメリカのダンサー (1883-1972)。
31行目のLike Ronald Coleman?: Ronald Coleman (1891-1958) は英国の俳優で、1920年代後半はたいへん活躍していた頃。なんでここに出てくるのかわからないが、ol' man と韻を踏む言葉として選ばれたことのほかに、コールマンは第一次大戦で爆弾の破片を片脚に受けており、舞台に復帰後に、その不自由になった脚を隠して演技し続けたということと "repair" できないけれど "quite all right" というセリフがかかわるのかもしれない(わからない)。

写真

35行目の Handsome Harry: 普通名詞 (handsome Harry) としては北米原産のノボタン科の多年草だが、ここでは禁酒法時代のアメリカのギャング、Harry Pierpont (1902-34)のことだろうか?? (彼の綽名)。 <https://secure.wikimedia.org/wikipedia/en/wiki/Harry_Pierpont> なんか違う気がする。

RudolfValentino_SonoftheSheik.jpg

Rudolf Valentino and Vilma Banky in Son of the Sheik (1926)

45行目のsheik: 「シーク」または「シェイク」という発音(ここでは前者の発音だったでしょうが)。もともとはアラビア語で "old man" の意味。英語としては女の目から見て魅力のある男、色男のことだが、英国の女性作家E. M. Hull の小説 The Sheik (1921) の映画化(1926年には続編 Son of the Sheik)で主演した Rudolf Valentino のSheik Ahmed Ben Hassan のイメジ。
46行目 patootie: アメリカの俗語。「恋人」「かわいこちゃん」
57行目 Rin Tin Tin: リンチンチン (1916-32) 第一次大戦時に、ドイツ軍の放棄された塹壕で拾われ、ハリウッド映画に出てスターになったジャーマンシェパード犬。 Rin Tin Tin Official Site: Rin Tin Tin ~ The World's Most Famous German Shpherd Dog 〔クリック注意 "I Wish I Had a Dog Like Rin Tin Tin" の曲が流れます〕

   "'S Wonderful" への言及にまでいたっていませんが、長くなったので一息つきます。1927年のミュージカルの30年後の1957年の映画Funny Face から、フレッド・アステアがひとりで歌う "Funny Face" をどうぞ――


" Fred Astaire - I Love Your Funny Face " (3:46) posted by "MzBberry" on August 3, 2008: "All the pictures that are in this video are from the movie: Funny Face.

enjoy!"

   字幕(?) 付きです。ちょっと歌詞が不正確なところもありますが。しかし、もともと最初のFrankie → Frankly から書き換えが行なわれていることがわかると思います。

  このシーンを含む映像は " I Love Your Funny Face Audrey " (5:15) posted by "omarov" on July 28, 2008 〔2分くらいから〕.

----------------------------------------------------------------

IBDB: Internet Broadway Database <http://www.ibdb.com/index.php> 〔"IBDB (Internet Broadway Database) archive is the official database for Broadway theatre information. IBDB provides records of productions from the beginnings of New York theatre until today."〕

Google ブック検索 <http://books.google.com/>

「Google Book Search日本版「Google ブック検索」、日本ではどう動くか」 <http://journal.mycom.co.jp/news/2006/05/12/360.html> 〔マイコミジャーナル 2006.5.12〕

「Google ブック検索について」 <http://books.google.com/intl/ja/googlebooks/about.html> 〔日本版 Google による概要説明ページ〕


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。