So-net無料ブログ作成
検索選択

November 30 サンタのバラード [歌・詩]

November 30, 2008 (Sunday)

    モーリちゃんの父がモーリちゃんくらいのころ(小学校4,5年)は、なぞなぞの個人的全盛期で、その後に替え歌とダジャレの時代が待っていた。東海道本線をダジャレで旅した遠い日・・・・・・「名古屋ではなごやかに」――なつかすぃ。

   童心に帰ろうとしたが、邪心が許さず、結果、きわめてバカなものとなってしまった、気がする。 

サンタのバラード

サンタにあげた 愛のくじを
いまさら返せとは 言わないわ
脱いだら男と 泣きごと言うな
調べたならいい ここで勝負ひとつ
サンタの歌う あの歌を
今夜は当たりか もらってあげる 

      (乾燥)

サンタの腕に 巻かれたら
いまにも当たりは ここ出そう
それでもそいつが たまらないほど
サンタを好きに させちまうのよ
サンタと暮らした 記念のくじを
いまさら返せとは 言わないわ

    やれやれ。あほまるだしかつおまるである。 

  ところで、替え歌は著作権にひっかからないのでしょうねー、たぶん。マッド・アマノっちのパロディーを考えても。・・・・・・あれ、ウィキペディアの記事「パロディー事件」を読むと、違うなあ。おかしいなあ。無罪になったと思っていたのだけれど(謎)。

  さ、勉強するぞ。


マッド・アマノのパロディータイムズ 〔The Parody Times Weekly 権力に楯突くパロディー新聞 編集主幹 マッド・アマノ〕 <http://www.parody-times.com/> 〔好きというのではないです〕

  


タグ:ソネくじ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。