So-net無料ブログ作成

January 27 ファウラー&ウェルズ社の出版物リスト (1) ―1853年 Fowlers and Wells, 1853 Publications [擬似科学周辺]

January 27, 2008 (Tuesday)

   「January 7-8 でこちんと骨相学 (前篇)――擬似科学をめぐって(9)  On Pseudosciences (9)」で書いたように、フィラデルフィアで1838年に『アメリカの骨相学雑誌 American Phrenological Journal』を創刊したオーソン・ファウラーと、その弟のロレンツォ・ファウラー、ロレンツォの妻のリディア・ファウラーは、出版社や商店を経営しただけでなく、講演活動をしたりそれぞれ本を書いたりして、ファミリー・ビジネス的に骨相学ならびに、骨相学と結びついたメスメリズム、すなわちphreno-mesmerism ないし mesmeric phrenology をアメリカ(ならびにイギリス)でポピュラーにするのに力がありました。出版社はオーソンがSamuel Wells という、兄弟の妹のCharlotta と結婚した人と組んでニューヨーク市のナッソウ・ストリート131番(はじめ1835年に同じ通りの135番にオフィスをかまえていたようです)、のちにブロードウェイ 308番ならびにボストン市のワシントン・ストリート142番で Fowler & Wells, Publishers を営業しました。 「January 22 ジョン・ボヴィー・ドッズの思想遍歴を考えるためのメモ・・・・・・メスメリズムとアメリカ (補足の2)――擬似科学をめぐって(20)」であげたドッズのメスメリズム研究書の巻末に広告として載っている出版物のリストのファクシミリを並べます。

The Philosophy of Electrical Psychology in a Course of Twelve Lectures. 『電気的心理学の哲学』 New York: Fowler and Wells, 1850.  Rpt.  London: James Burns, Progressive Library, 1876. Library of Mesmerism and Psychology (1865) に収録(そのE-text <http://www.archive.org/details/librarymesmeris00haddgoog>もあり)。
1853年刊行のファウラー&ウェルズ――例の骨相学の出版社です――版のE-text―― <http://www.archive.org/details/philosophyofelec00dodsuoft>

WS000981.JPG

WS000982.JPG

WS000983.JPG

WS000984.JPG

  水治療 (Water-Cure; Hydropathy)を中心とする医療関係 、野菜ダイエットやタバコ、コーヒーなどの食餌・ダイエット関係、骨相学とメスメリズム、あと社会問題みたいなものの関連書が並んでいるのがわかります。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

さえとあすみ

わぁ~!!
100nice踏ませていただきました~♪
アイコンはモーリちゃんが描かれたのでしょうか?
by さえとあすみ (2009-01-28 17:23) 

morichan

さえとあすみさん、どうもありがとうございます。えーと、何もないのですが、帰国の際にはうどんを食べに行きます。
絵は、そうです。copyright morichan です。
by morichan (2009-01-28 23:55) 

シービーちゃん

ひとつのテーマを深く探求してますね。スゴイです。
ブログへのご訪問、ありがとうございました。
by シービーちゃん (2009-01-29 01:01) 

morichan

シービーちゃん
おこしいただきありがとうございます。ブログ=日記を信念としたはずだったのですが、つい・・・・・・分裂気味です(自爆)  
by morichan (2009-01-29 03:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。