So-net無料ブログ作成
ことば Words ブログトップ

August 28 言葉の影、または引用について Word Shadows: On Quotation [ことば Words]

August 28, 2008 (Thursday)

WordShadowsoftheGreat_DSC_1003.jpg

    Thomas F. Madigan のWord Shadow of the Great (1930) という直筆の筆跡のコレクションについての蘊蓄を語った本の、本文のすぐ前のページというかリーフ、つまりローマ数字がふられている序文とアラビア数字のページ番号がふられている本文の境目の紙葉に、ページ番号なしで、エピグラフ epigraph として掲げられているのが、"word shadows" というフレーズを含む引用です。

"These ink-stains, which in the imperfection of language we have called words―these WORD SHADOWS then, are latent living powers, which, could they again be uttered by the lips which perished long ago, would subdue, as eloquence ever does, the hearts of all within their reach, and even in their silence still possess a strange charm to penetrate and stir the deepest feelings of those privileged to read them."     ―CHARLES READE

しかし、この文章はチャールズ・リードの小説の地の文章にでてくる英語とは違うのでした。リードのテキストはGutenberg にもありました。そのグーテンベルグのE-text を使ったArthur's Classic Novels というウェブサイトから前後を合わせて引用します。このサイト、すごくイイ感じです、文学作品のe-text の趣味的なページとして。Winston Churchill (英国首相のいとこのアメリカ作家) とか Marie Corelli とか、Henry Van Dyke とかマイナーな作家をいれ、テーマ別でも "Old Sci-Fi" とか "Gothic Tales" とかだけでなく "Life After Death" とか "For History Lovers" とかあるのがすごい。なにがどこにあるかわからんというキライはあるが。( ..)φメモメモメモ"Peg Woffington" (1852) ――

     Mrs. Bracegirdle now raised her eyes (they had set her in a chair), and looking sweetly, tenderly and earnestly on her old companion, she said to him, slowly, gently, but impressively[:] "Colley, at threescore years and ten this was ill done of us!  You and I are here now―for what? to cheer the young up the hill we mounted years ago.  And, old friend, if we detract from them we discourage them.  A great sin in the old!"
     "Every dog his day."
     "We have had ours."  Here she smiled, then, laying her hand tenderly in the old man's, she added, with calm solemnity: "And now we must go quietly toward our rest, and strut and fret no more the few last minutes of life's fleeting hour."
     How tame my cacotype of these words compared with what they were.  I am ashamed of them and myself, and the human craft of writing, which, though commoner far, is so miserably behind the godlike art of speech: "Si ipsam audivisses!"
     These ink scratches, which, in the imperfection of language, we have called words, till the unthinking actually dream they are words, but which are the shadows of the corpses of words; these word-shadows then were living powers on her lips, and subdued, as eloquence always does, every heart within reach of the imperial tongue.
     The young loved her, and the old man, softened and vanquished, and mindful of his failing life, was silent, and pressed his handkerchief to his eyes a moment; then he said:
     "No, Bracy, no.  Be composed, I pray you.  She is right.  Young people, forgive me that I love the dead too well, and the days when I was what you are now.  Drat the woman," continued he, half ashamed of his emotion; "she makes us laugh, and makes us cry, just as she used."
     "What does he say, young woman?" said the old lady, dryly, to Mrs. Clive.
     "He says you make us laugh, and make us cry, madam; and so you do me, I'm sure."
     "And that's Peg Woffington's notion of an actress!  Better it, Cibber and Bracegirdle, if you can," said the other, rising up like lightning.
     She then threw Colley Cibber a note, and walked coolly and rapidly out of the room, without looking once behind her. (ch. 2)

  太字の赤は変えられているところ、細字の赤は消えているところ。そして、もう一度。

These ink-stains, which in the imperfection of language we have called wordsthese WORD SHADOWS then, are latent living powers, which, could they again be uttered by the lips which perished long ago, would subdue, as eloquence ever does, the hearts of all within their reach, and even in their silence still possess a strange charm to penetrate and stir the deepest feelings of those privileged to read them.

   この19世紀イギリスの中篇小説を読んでから書こうと思ってホッておいたのですが、これだけ読んで書くことにしました。

WordShadowsoftheGreat_Madigan(1930).jpg

 

    これは引用なのでしょうか。

   試訳(マディガンによる「引用」の)――「これらのインクのしみ、それを言語の不完全性ゆえに我々は言葉と呼んできたが――ならば、これらの言葉の影、は、潜在的に生きている力であり、遠い昔に消え去った唇によって再び発せられることが仮にあったならば、雄弁というものがつねにそうであるように、届く範囲のすべての人の心を征服することだろうし、黙していてもなお、読む特権を与えられた者の深奥の感情に浸透して揺さぶる不思議な魅力をもっているのである。」

   盗用ではないです。それはそうだ。しかし・・・・・・変えすぎ。

 

  つづく。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

September 6 キャコタイプ cacotype (インターネットと辞書のおはなし) [ことば Words]

September 06, 2008 (Saturday)

August 28 言葉の影、または引用について Word Shadows: On Quotation 

を途中で結局切ったのは、小説に出てくる "cacotype" の正確な意味がわからなかったからでした。caco- という接頭辞は「悪」wrong, evil の意味で、シェークスピアのリチャード3世だったかに出てくるcacodaimon (= "evil spirit" )という言葉は呪文のようにモーリちゃんの父も覚えてましたが、cacotype という語が英和辞典に出てない。で、OED にあたりました。 

    rare. [f. caco- + type: cf.  CALOTYPE]

        A faulty or imperfect description in print.

      1853  READE Peg Woff.  58  How tame my cacotype of these words compared with what they were.

  意味は「印刷における誤った、あるいは不完全な記述」。 語の"label" は「稀rare」で、用例がチャールズ・リードのこの箇所のひとつだけしか挙がってないのでした。語源欄に calotype を参照と書いてある理由がよくわからんのですが、calotype というのは19世紀中葉の、ヨウ化銀を感光剤とした写真(カロタイプ写真)のことです。どういう関係があるというのだろ。類推ということでしょうか。あー、ギリシア語のカロスは「美しい」の意味だから、反対ということかな。calotype は1830年代から40年代にイギリスの科学者が発明したものだから、同じイギリスのチャールズ・リードが、それにかけてこしらえた言葉、もじった言葉という含みでしょうかね。少なくとも、やっぱりOED の記述を信じると、これ以前に用例が見つかっておらんのでしょうから。

  さて、あとからインターネットで調べると、ちゃんと出ているのでした(インターネットおそるべし)。日本語のページをググっても定義らしいものは見つかりませんでしたけど(自分のブログの記事がヒットするw)、中文が中国語で意味を書いているのにちょっとびっくりしました。

标签:<cacotype>

 

英语: cacotype | 搜索 Internet 上的 cacotype | 搜索 cacotype RSS / ATOM Feeds 订阅源

词性:
~

国际音标:
[ 5kAkEtaip ]

中文解释:
[刷]拙劣的翻印或复制

( UPKM.com 「C - Dictionary - 在线词典 - 英汉互译」<http://www.upkm.com/Dictionary/Words/?Words=cacotype>

 

cacotype 
国际音标 [HELP]
[cacotype的音标发音]
 
中文翻译 [HELP]
[刷]拙劣的翻印或复制
用法实战 [HELP]
我要为 cacotype 贡献例句及翻译

用户的贡献(0):

(ZHUANiAO.com <http://dict.zhuaniao.com/en/cacotype>)

    さらに、接頭辞caco に始まるさまざまな語をリストアップしているページもありました。――

caco- || 表示“恶, 不好”之义
cacodaemon || 恶鬼, 恶人
cacodemon || 恶魔
cacodorous || 有恶臭的
cacodoxy || (指宗教上的)错误观念
cacodyl chloride || 卡可基氯 二甲胂基氯
cacodyl || 二甲砷基, 四甲二砷
cacodylate || 甲次砷酸盐
cacodylic || 二甲砷基的, 四甲二砷的
cacodyloxide || 卡可基氧 双二甲胂基氧
cacoepy || 发音不准
cacoethes || 恶癖, 难抑制的欲望
cacogastric || 消化不良的
cacogenesis || 劣生(指发育上缺陷)
cacogenic || 种族退化学, 劣生学
cacogenics || 劣生学(研究杂交造成的种系退化现象等)
cacographer || 拼写错误的人, 书法不佳的人
cacography || 拼写错误, 书法不佳
cacology || 措辞不当, 发音不正
cacomagician || 用妖术害人的巫师
cacomistle || 环尾猫熊(产于美国西南部和墨西哥)
caconym || 不妥的名称, 不雅的名称
cacophonist || 不和谐音乐的作曲家, 喜欢不和谐音乐者
cacophonize || 使声音刺耳或不和谐
cacophonous || 发音不和谐的, 粗腔横调的
cacophony || 刺耳的音调, 不协和音, 杂音
cacorhythmic || 节奏不和谐的
cacosmia || 恶臭
Cacotopia || 想像中之暴政国,与乌托邦(Utopia)相对
cacotrophia || 营养不良
cacotype || 拙劣的翻印或复制
cacoxenite || 黄磷铁矿

(翻譯中國 FanE.cn 「资源共享 - 浏览主题 - 简明英汉词典(17)」<http://www.fane.cn/forum_view.asp?forum_id=18&view_id=18587>)

  中国畏るべし! まあ、意味は、版を、いや判を押したように「拙劣的翻印或复制」ですが。 [刷]と書かれているのはlabel でしょうが、Printer 印刷業関係の専門語という含みでしょうか。

     Google 検索でヒットするcacotype はおよそ500、Yahoo 検索でおよそ600です。さすがにそれほどヒマではないので全部を見ていませんが、いまのところ、実際に cacotype という語が現実の場で使われている例が見つかりません。

     Random image and definition のページ(Cacotype image and cacotype definition)に出てくるイメジはよく見えず、定義はなく。

   お、なんか言ってるぞ、と開いてみた "Uncanonic lipper incopresentable ectocarpaceous anthophile"  というページの"Gilbertian may widehearted either cacotype prejudicialness unless preaccomplishment parastemonal inomyositis becurse oligochylia and magpieish; Scaticook either imputatively." はチンプンカンプン。どう見ても非文法的かつ、意味不明の語の連発なのだが(w)。

   そしてそういう意味不明なものを削っていくと、チャールズ・リードのテクストならびに引用以外は、caco- について蘊蓄を傾けるブログ等の記事、ならびにいくつかの辞典だけが見つかるのでした。

   長年英語の先生をやっていて1994年に退職したというミシガン州のMichael Sheehan さんの "Wordmall: A Blog about the English Language" は蘊蓄タイプの代表です。2008年3月5日の "Bad Donkey!" と題する記事は、Fuseli の有名な夢魔Nightmareの絵の一枚を掲げて、次のようにcaco- で始まる言葉について書いています。――

From the Greek word kakos, bad, we have inherited our combining form caco-, (bad, depraved, evil, putrid, etc. ) I remember chanting kakos onos! in my high school sophomore Greek class. Literally, it meant “bad beast of burden.” But to us, it meant “bad ass.”

Aside from the word cacophony (dissonance, harsh sound), we don’t use many of these words in ordinary conversation, but they can be useful.

• cachomyny: unhealthy state of the humors of the body
• cacodemon: evil spirit; nightmare
• cacodorous: ill-smelling
• cacodoxy: bad doctrine
• cacœconomy: bad management or fiscal policy
• cacoëpy: faulty pronunciation
• cacoethes: bad habit; a compulsive proclivity to do something
• cacography: wretched handwriting
• cacology: vicious pronunciation
• caconym: bad terminology
• cacosphyxy: irregular pulse
• cacotrophy: disordered nutrition
• cacotype: an imperfect description in writing

   "cacophony" 以外は、多くは、日常会話では使わない、と書きながら"they can be useful" と断定するところが国語の先生らしいす。cacotypeは最後にあがっていて、"in print"ではなくて "in writing" と印刷だけに限らずに書き言葉の幅が広がっています(その根拠は不明ですが)。

   古典語がらみの辞典のなかにもcacotype は見つかりました。 "caco-, cac-, kako-, kak- (Greek: bad, harsh, wrong, evil; incorrect; unpleasant; poor; used most of the time as a prefix)."

cacotropia
The condition of having bad habits.
cacotype
A faulty or imperfect description in print.
kakistocracy, kakistocratical
The government of a state by the worst citizens.

Inter-related cross references, directly or indirectly, involving word units meaning "bad, wrong": dys-; mal-; mis-; pessim-; sceler-.

 

    このページは "English-Word Information: Word Info about English Vacabulary" というページのなかの"Latin-Greek Cross References" という辞書検索です。サイトの説明文――

Robertson's Words for a Modern Age:
A Dictionary of English Words Derived from Latin and Greek Sources, Presented Individually and in Family Units with a Variety of Vocabulary Quizzes, All of Which Are Made Available so You Can Enhance Your Modern English Vocabulary!

  ラテン語、ギリシア語に由来する英語の言葉の辞典。個別に、また系統群により提示されるのじゃ。 さまざまなボキャブラ・クイズ付きじゃ。どのクイズも利用できるので、あなたのモダンな英語ボキャブラリーを高めることができるのじゃ!〔いや、イラストを見るとそういう感じのジイサンなんで〕

   これはモリ鴎外先生のウィタ・セクスアリス、あ、ヰタか、の頭のほうで説いていた、語源を知れば言葉は容易に覚えられるというのと同じ考えですね。おお、ちゃんと青空文庫がe-text にしてくれています。<http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/695_22806.html>――

寄宿舎では、その日の講義のうちにあった術語だけを、希臘拉甸(ギリシャラテン)の語原を調べて、赤インキでペエジの縁に注して置く。教場の外での為事は殆どそれ切である。人が術語が覚えにくくて困るというと、僕は可笑しくてたまらない。何故語原を調べずに、器械的に覚えようとするのだと云いたくなる。 〔十五になった。あたり〕

   ところで、このロバートソンさんのcacotype の定義はOED とまったく同じです。そして中国語の辞典みたいなページはどうも横のモノを縦に(ってもう中国は横になってますけど)するものでよかれあしかれ現実世界とは浮遊した本の世界の情報でしかないような気がしました。ほんとうに印刷業で cacotype って使われることがあるのでしょうか。

つづく

 

----------------------------------

英語辞書集 「英語辞書のすべて 英語辞典 オンライン辞書辞典 参考書サイトリンク」  <http://homepage1.nifty.com/samito/dictionaries.htm#Webster%20new%20world>

Random image and definition <http://www.ghettodriveby.com/>

Wordmall: A Blog about the English Language <http://verbmall.blogspot.com/> 〔Sheehan さんのHP はhttp://seniors.tcnet.org/

English-Word Information: Word Info about English Vacabulary <http://www.wordinfo.info/>

森鴎外『ヰタ・セクスアリス』 青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/) 底本新潮文庫 (1949) 入力:真先芳秋 校正:Juki 1999年10月12日公開 2006年4月25日修正 <http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/695_22806.html>

にほんブログ村 英語ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

September 7 言葉の影、または引用について (2)  Word Shadows: On Quotation (2) [ことば Words]

September 07, 2008 (Sunday)

   では、cacotype もいちおう調べがついたので、しきりなおします。まったくもって誰が読むのかわかりませんが、とりあえず、わたしのなかのかのへ(←倉橋由美子のパクリ)。

  戦前、署名・直筆文書蒐集の第一人者であったらしいアメリカ人 Thomas F. Madigan の著書Word Shadows of the Great: The Lure of Autograph Collecting (1930) のエピグラフとして冒頭に引かれている19世紀英国の劇作家 Charles Reade (1814 - 84)の中篇小説 "Peg Woffington" (1852) の第2章の地の文からの引用が、原文とだいぶズレているという話の続きです。

  参照のためにあらためて、ちょっと短くして、引用します。――

     "We have had ours."  Here she smiled, then, laying her hand tenderly in the old man's, she added, with calm solemnity: "And now we must go quietly toward our rest, and strut and fret no more the few last minutes of life's fleeting hour."
     How tame my cacotype of these words compared with what they were.  I am ashamed of them and myself, and the human craft of writing, which, though commoner far, is so miserably behind the godlike art of speech: "Si ipsam audivisses!"
     These ink scratches, which, in the imperfection of language, we have called words, till the unthinking actually dream they are words, but which are the shadows of the corpses of words; these word-shadows then were living powers on her lips, and subdued, as eloquence always does, every heart within reach of the imperial tongue.
     The young loved her, and the old man, softened and vanquished, and mindful of his failing life, was silent [. . . .](ch. 2)

  次のがエピグラフの引用。太字の赤は変えられているところ、細字の赤は消えているところ、黒字はないところ、紫はそのままあるところ(適当な区分です、もちろん)。

These ink-stains, which in the imperfection of language we have called wordsthese WORD SHADOWS then, are latent living powers, which, could they again be uttered by the lips which perished long ago, would subdue, as eloquence ever does, the hearts of all within their reach, and even in their silence still possess a strange charm to penetrate and stir the deepest feelings of those privileged to read them.

   下の、署名直筆文書研究書のエピグラフとして引用された文章の拙訳を前に出しました――「これらのインクのしみ、それを言語の不完全性ゆえに我々は言葉と呼んできたが――ならば、これらの言葉の影、は、潜在的に生きている力であり、遠い昔に消え去った唇によって再び発せられることが仮にあったならば、雄弁というものがつねにそうであるように、届く範囲のすべ ての人の心を征服することだろうし、黙していてもなお、読む特権を与えられた者の深奥の感情に浸透して揺さぶる不思議な魅力をもっているのである。」

  これは、すげー適当に訳したのですが(笑)、それは代名詞の指示とか、曖昧だったからです。 冒頭の "These" についてはあとで触れます。3行目ぐらいの "within their reach"は、元の小説では "within reach of the imperial tongue" に相当するところです。"the imperial tongue" はだれのものかというと、直接には "her lips" の "her" です。"lips" は上唇と下唇とあわせてふたつで、ひとりの唇でもlips です。 "tongue" は舌だけれど、「ことば」でもあります。「引用」文では、their の指示は、たぶん "could they again be uttered" の "they" と同じで、ということは "these word shadows" ということになりますが、これはちょっと頭の中で思考のピヴォットが――エクリチュールからパロールへみたいな――必要とされる気がするような展開ではあります(もう一つの可能性は"lips" ですけど・・・・・・「唇が届く範囲の」)。

  マディガンさんの気持ちになってみましょう。「偉人の "word shadows"――自筆蒐集の魅力」という本のエピグラフであるだけでなく、 "word shadows" という、そりゃあ "cacotype" よりははるかにやさしいことばの組み合わせですけれども、フツーじゃない言葉をタイトルの一部にしている本の、いわば期待をもたせる役割も兼ねた説明文書みたいなものなわけです。

  で、いちおう単純化して考えて、意訳的に言うとこんな感じです。――亡くなった過去の偉人たちの生きた声をふたたび聞くことはかなわぬかもしれないが、言葉の影である偉人たちの書き残したもの、それは声がなく、沈黙しているけれども、それでもそれを見つけて手に取って読む者(ここで、ぜんぜん原文にないprivileged みたいなのが出てくるのは蒐集の魅力にかかわるわけです)の心を深く揺さぶる、隠れたイノチ、不思議なチカラをもっている。

  原作では、小説の地の文で語り手が、 そのときに語った言葉に比べて、書き記された言葉、不完全な言葉のcacotype がいかに "tame" (迫力がない、生彩がない、要するにイキテない)か、という前段からつながっている話者の思考の一部です。「私はこれらの言葉、そして自分自身を恥じる。人間の書く技は、神聖な話す技に比べると、ずっと公共的ではあるが〔自信はないですが、 "commoner far" は far commoner で、common はpublicity がある、つまりより多くの人に共有されうる、というような意味にとります〕、みじめなほどに及ばない。――「聞くことができるなら!」

このインクの走り書きを、われわれは言語の不完全な使用ゆえに、言葉と呼んだし、無思慮な人は実際に言葉であると夢想するかもしれないが、言葉の屍骸の影である。これらの言葉の影は、彼女の唇に発せられたそのときには生きている力であった。そして、雄弁というものがいつもそうであるように、荘厳な舌の届く範囲のすべての心を征服したのだった。

   以下、夢想です。 

   とりあえず、この語り手の語りへの自意識的な介入と呼んでいいだろう、この一節について、 以下のことを勝手にモーリちゃんの父は言いたいような気になっています。第一に、ここで、語り手は語り手であると同時に文字通り「書いている」人間として姿をあらわしている。"These ink scractches" とは、語り手=書き手が、いま文章を綴りながら、目前にあらわれているものとしてフィクショナルに提示されています(え゛、それってチャールズ・リードの現実の描写じゃないの?という問いに対しては、小説はフィクションだから、という当然の答えをするしかない)。第二に、読むたびに考えがブレたのであんまり自信はないが、いまのブレだと、この"we" というのは結局は著者の「私」であって、 "words" と呼んだのは直前の段落のことだと思います。そして、それが正しいなら、別に西洋の歴史上どうだったとかなんとかなじゃくて、現在想定される読書関係〈筆者対読者)の中で考えているのだろうと思われます。(unthinking と呼ぶのはモーリちゃんの父的には気が引けるので、違うかもしれません。) で、そういうのって読者との距離は変わらないのだけれど、あたかも距離が縮まるように語りかけるように語り手なり作者が読者に語るというのと関わるのだけれど、ここではwe も含めてヨソヨソシイのかなあと。第三に、それでも、ここでいわばメタ的に、語りについて、というより書くことについて書いている書き手の語り手がいます。つまり読者の反応を第二のように想定して親密度を多少は高めながら、自らの書くという行為について書き記しながら書いている語り手がいる。

  マディガンの引用は(それが引用と呼べるなら)、元の文章のコンテクストをずらしたうえで、それを百も承知で、行なわれているものです。 そして、モーリちゃんの父は、引用はコンテクストによって意味を必然的に変容させられる、みたいな命題を思い出します(マディガンのにコンテクストないじゃん、というとさにあらず、本のタイトルや目次を既に読者目にしており、まだ読まぬ本文とともにコンテクストを形成しています)。が、同時に、こりゃあ改竄だよと思うのでした(爆)。

   それでも、この二つの文章の併置から、いろいろと考えさせられるところだったのでした。そして、引用とは、そういうものであれば引用元も引用先も引用者も被引用者も本望というものなのでしょう。

    チャールズ・リードの小説の文章が、書き言葉に対する話し言葉、声の優位を語っているのは明らかです。

    ここで、モーリちゃんの父の記憶は宮川淳の「引用の織物」のプラトンとデリダへ、そしてアルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスへ、と向かったのだが、いかんせん記憶力薄弱で20年前に読んだものをいいかんげんにしか思い出すことはできず、家から離れていて参照もできない。しかたなくインターネットで「プラトン、"声の優位"」と入れて検索してみると、グーグルだとたった3件しかヒットしなかった。うちふたつはpdf. 文書でした。html. で開いたら文字化けして意味不明だった、佐々木充「エクリチュールと声」([PDF]エクリチュールと<声>; html)と、もうひとつは加藤彰彦「ジャン=ジャック・ルソーの『エミールまたは教育について』のジャック・デリダ的読解――ルソーにとって教育とは何か」(pdf; html)。もいっこは蓮見重彦を引いてきた映画論でした。しょうがないから、というのでもないが、なんとなく「デリダ "声の優位"」に変えて検索したら、「芦田の毎日」というブログが先頭でヒットして、なんだかんだ読む羽目になってしまった日曜の朝だったのでした(いまここでそれについて書くと大脱線して戻れないので書きません)。

    モーリちゃんの父の声に権威はない(父の権威もない)。引用した人の声に権威があるかどうかはそれぞれです。でも自分よりは権威がありそうだから引用します。 いや、そうじゃない。自分は記憶がないから記憶が確かな人のものを引用します。――

デリダは『グラマトロジーについて』で、ルソーがパロール(話し言葉)とエクリチュール(書き言葉)を対比させ、パロールの優位を説いていることを批判している。ルソーによれば、パロールは眼前において生身の人間によって発せられるが故に自然に近いというわけである。それに反して、エクリチュールはそもそも書いた本人が眼前に存在していなくても成立するものであり、それだけ自然から遠いというわけである。言葉の発信元を探るという意味においてならパロールの優位は揺るぎないものであろうが、そのこと自体が言葉の信用性につながるわけではないとデリダは批判する。つまり人は嘘をつくことができるわけであり、眼前において発せられた言葉が真実を語っているという保証はないのである。またパロールを第一義的なものとして捉え、エクリチュールを二義的なものとして捉える階層秩序的二項対立は成立し得ないとデリダは指摘する。ルソーによれば、パロールは人間が持っている器官から発せられたものであるが故に価値があるのである。このような考え方はルソーに限らず、文字に対する声の優位という形で西洋の思想を支配してきたとデリダは指摘するのである。つまり音声中心主義の存在である。この考え方を突き詰めれば、文字がなくても充分にやっていけるということになる。ルソーが書物を嫌ったのも、このあたりの事情を考えれば符合するだろう。しかし眼前のみが自然であり、自然に反するものは排されるべきであるとしても、果たしてそれは可能なのであろうか。エクリチュールがパロールの二次的存在であるとするなら、あってもいいがなくてもいい存在というわけであり、この考え方が正しいのであれば、エクリチュールの存在はそれ程問題にする意味もないわけである。ところが、現実的な問題として記憶ということが出てくる。人は全てを記憶しているわけではない。そのため自分以外の何かによって思い出すということが必要になり、それがエクリチュールというわけである。ここにおいて、内的記憶(ムネーメー)が外的想起(ヒュポムネーシス)に取って代わられ、つまりパロールの優位は崩れ、エクリチュールがそれに取って代わるわけである。これはただ単に個人の記憶力の有無に帰せられる問題ではない。デリダによれば、パロールとエクリチュールの階層秩序的二項対立は完全に成立することはなく、その境界線自体が明確ではないのである。初めにパロールありきで、その後にパロールの不足分、例えばたまたま忘れてしまったことを思い出すために書かれたものを見るというような補足的なものとしてエクリチュールがあるのではなく、パロールの中にあって既にエクリチュールは存在しているというわけである。ルソーについて言うなら、ルソーはエクリチュールに対するパロールの優位を説くのであるが、パロールを発する人の心の中には神の手によって「書き込み」がなされていると表現するのである。このようにエクリチュールに対するパロールの優位を説くルソーにおいても、パロールとエクリチュールの階層秩序的二項対立は固定的ではないのだ。にも拘わらず、パロールの優位、これは要するに自然の優位ということであるが、このような主張をし続けるルソーの意図は半ば明白であると言うべきだろう。つまり、ルソーによれば自然に反しているとされる社会やその社会によって生み出された制度や価値観に対する批判である。敢えて言うならば、ルソーの自然崇拝もこの批判の反動によって生み出されたと言うことも可能であろう。従ってここにおいて明確にしておくべきは、ルソーに見られる階層秩序的二項対立は固定化されたもではなく、解体されるべきものであるということ、ただしルソーの主張する自然崇拝は、社会もしくは社会が生み出した様々な制度に対する批判の結果生み出されたものであって、ルソーのテキスト分析にあたってはこの認識を出発点にすべきであろうということである。(加藤彰彦「ジャン=ジャック・ルソーの『エミールまたは教育について』のジャック・デリダ的読解――ルソーにとって教育とは何か」[『四天王寺国際仏教大学紀要』第44号(2007年 3 月)], p. 430)

   すいません、つづきます。

bookofshadows_s.jpg

 Book of Shadows - A sterling silver charm.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

September 8 言葉の影、または引用について (3)  Word Shadows: On Quotation (3) [ことば Words]

September 08, 2008 (Monday)

    「はじめにパロールありき」というフレーズが先の引用にあったけれど、Charles Reade の小説の一節における "word" とは、キリスト教的文脈で言うなら、ヨハネ福音書の「はじめに言葉ありき」のWordであったろうと思われます。それは書き言葉ではない。だから語り手(書き手)の、 "I am asshamed of them and myself, and the human craft of writing, which, though commoner far, is so miserably behind the godlike art of speech" というコメントがある。ここで writing と speech が対比されているわけですが、同時に "human" と "godlike" という形容詞を与えられることで、声の、神的なものにまでつながる神聖性、対するに文字(書かれたもの)の低次の卑俗性があるわけです。

  で、歴史的に考えようとするときに、プラトン=デリダ=宮川淳のラインのもういっぽうで、ボルヘスなのです。というか、ボルヘスの『異端審問』におさめられた講演だかの文章に哲学史の本(シュペングラーの『西洋の没落』だったかしら)を引きながら「書物の歴史」について語っている文章があったはずです。うろおぼえですが、口頭による伝承を重んじる文化というのがある。それは一子相伝みたいなのが巻物じゃなくて口伝による、みたいな『北斗の拳』的アニメ的なイメジでいいと思うのですが(いいのか?)、ピタゴラスとかギリシアの伝統もそうだった。ピタゴラスは何も書き残していない。プラトンとかにとって書物は声の代替物、それも声に劣った代替物でしかない。だけど、そこにヘブライから、霊感を受けた書物という観念がはいってきます。つまり神の霊感を受けた者によって書かれた「神聖な書物」。あと何書いていたんだろ。思い出せず。記憶についてかな。人間の発明したものはみな身体の一部の延長であるけれど、書物は異なっていて、記憶と想像力の延長であるみたいな。たぶん。

   ボルヘスがどこまで何を書いていたのか思い出せないのですが、その、神聖な書物という概念の入り込んだあとのヨーロッパの「書かれたもの」についての歴史を考えてみると、やはり「オリエント」からもちこまれる神聖文字の象徴というのがあります。エジプトの神話的なキャラ、ヘルメス・トリスメギストゥスがつくったとも言われるけれど、ヨーロッパの神秘主義の底流となったヘルメス学にへばりつくようにして、一方でユダヤの言語神秘主義カバラと肩を並べてきたのでした(たぶんカバラのほうは数秘学 numerology に特化することによって両者がケンカするのを避けたのではないかと思われるが自信はない)。

Sect. 16.--Thus there are two books from whence I
collect my divinity. Besides that written one of God,
another of his servant, nature, that universal and publick
manuscript, that lies expansed unto the eyes of all.
Those that never saw him in the one have discovered
him in the other; this was the scripture and theology
of the heathens; the natural motion of the sun made
them more admire him than its supernatural station did
the children of Israel. The ordinary effects of nature
wrought more admiration in them than, in the other,
all his miracles. Surely the heathens knew better how
to join and read these mystical letters than we Christians,
who cast a more careless eye on these common hiero-
glyphics, and disdain to suck divinity from the flowers
of nature. 〔Thomas Browne, "Religio Medici"
gutenbergetext96
 

 

トマス・ブラウンが記述するように、一方で世界をhieroglyphics で書かれた本と見る異教徒の伝統、もう一方で聖書が神の霊感によって書かれたと考える伝統。世界なり自然を神の書物と考える伝統はヨーロッパで中世以来あったことは、デリダが『グラマトロジーについて』で依拠しているクルティウスの『ヨーロッパ文学とラテン的中世』(調べて確認しました。なんて直訳的題だ)の付録の topos (コンベンション、常套的概念)のひとつとして記述した「世界としての本」に見られるとおりです。イタリアルネサンスによっておこるエジプト学の高まりのなかで、聖書と自然は神によって書かれた2冊の本で、どちらも神聖文字によって書かれているとかいう考えも出てくる。いっぽうで、エンブレム・ブックとかヒエログリフィカの本とかが17世紀に出て、そのときの「文字」は絵じゃんか! という感じなのですが、まあ、自然なり世界がhieroglyph(ic) なる「文字」によって書かれていると考えること自体、「文字」に関してジャンプがあるわけで、きわめて混沌とした観念ではあるけれども、近代の人間対自然、それと書(物)との関係を考えるときに、公式じゃないところでこの聖なる文字の伝統というのがあるのでしょう。

  ぼーっと考えてみると、写本コピーというようなとろとろゆるゆるの増殖の仕方ではなくて、印刷術によって多数の本がコピーとして生産されるようになっていく近代において、ものを書く人間(欧米の)は、声の優位ということをいちおうタテマエ的に言いながら、どこかホンネがちがうのじゃないかという気もしなくもないですが、もっと積極的に、エクリチュールの優位性というか、超越的なものとつながりうる文字を夢想する作家・詩人たちもいた。

  ジャック・デリダは「préjugé hiéroglyphique 神聖文字の誤謬」という言葉で、それを読むことで超越的なものにつながりうると考える神聖文字的夢想を誤謬として批判することになります。

  チャールズ・リードという人の場合、もともと演劇の人であること(それはト書き的な描写にもあらわれていると思うのですが)も、こういう文章と関係があるのかもしれませんが(実際、舞台だったなら、こんな能書きをタレル語り手は存在しないし、存在する必要もないわけで)。

  リードは書かれているインクの文字が、実は "the shadows of the corpses of words" だと書きます。パロールは生きている。でもエクリチュールは死んでいる。書かれたものはコトバではない。話されるコトバの遺体(corpses = dead bodies)。あるいはその影。"shadow" というのは、死との関係では、死んで「影」になると考える伝統がギリシア・ローマにあるわけです。たとえば死者の国はその古典伝統を受けて the Shades です。そこの住人はshade だし shadow も「亡霊」の意味が辞書にあがっています。そうすると、たぶん正確にとらえると、「生きたコトバの亡骸の亡霊」「言葉の亡霊」なのでしょうかね。 "these word-shadows then were living powers on her lips, and subdued, as eloquence always does, every heart within reach of the imperial tongue."  古典的雄弁術の伝統にも敬意を表するかのようです。

試訳(リードの)――「このインクの走り書きを、われわれは言語の不完全な使用ゆえに、言葉と呼んだし、無思慮な人は実際に言葉であると夢想するかもしれないが、言葉の屍骸の影である。これらの言葉の影は、彼女の唇に発せられたそのときには生きている力であった。そして、雄弁というものがいつもそうであるように、荘厳な舌の届く範囲のすべての心を征服したのだった。」

試訳(マディガンによる「引用」の)――「これらのインクのしみ、それを言語の不完全性ゆえに我々は言葉と呼んできたが――ならば、これらの言葉の影、は、潜在的に生きている力であり、遠い昔に消え去った唇によって再び発せられることが仮にあったならば、雄弁というものがつねにそうであるように、届く範囲のすべての人の心を征服することだろうし、黙していてもなお、読む特権を与えられた者の深奥の感情に浸透して揺さぶる不思議な魅力をもっているのである。」

   だから、マディガンは、チャールズ・リードを誤引用しつつ改竄していることになります。彼に必要だったのはhieroglyphic な次元だったはいわんまでも、せめてポー的に、書いたものが人間のキャラクターをあらわしているという信念であるべきだったのに(たぶん)。

  と書いてからマディガンの本のタイトルをまた見ると、"Word Shadows of the Great" です。これはword shadows of the parole of the great の略ではなくて、段階を一個飛んで人間の「影」としているわけです。そうすると生身の偉人がいて、その霊的なものとして書き遺されたエクリチュールがあるということになるのですか。リードの原文にあった、書き言葉は死んでいるという内容は捨象・改変されたうえでの離れ業だったのでした。でも引用じゃないよ。悪用(笑)

-------------------------------------------------

私的メモ的urls:

Richard L. Goerwitz, "Thoughts on Modern Hieroglyphic Theories and Their Impact on Swedenborg's Intellectual Millieu" <http://www.baysidechurch.org/studia/studia.cfm?ArticleID=61&detail=1&VolumeID=50&AuthorID=> Bayside Swedenborgian ChurchStudia Swedenborgiana, vol. 6, no. 3 (July1988) ロマン主義の時代からよく読まれ、フランスの象徴主義にも直接的影響を与えたスウェデンボルグに対する神聖文字とカバラの影響〕

Discovering Ancient Egypt "The Discoverers, part 1"; "The Discoverers, part 2" 〔"This is a chapter from Rosalie David's Book Discovering Ancient Egypt (Facts on File, 1993). It is an excellent survey of the early explorers and scholars who were the pioneers in the field of Egyptology."―Egyptian Civilization & Mythology

"Bibliography" Gateway to Wisdom: A Gateway to the Western Wisdom Tradition and Its Initiates <http://www.fbrt.org.uk/pages/essays/essay-bibliography.html> 〔本体はよくわからないが文献リスト〕

"Book of Abraham" Mormon Quotes: A Resource for All Those Investigating, Questioning, and Abandoning the Doctrines and Leadership of the LDS Church <http://www.ils.unc.edu/~unsworth/mormon/bookofabraham.html> 〔そういえばモルモン教の創始者もエジプトのパピルスに記された文字を解読して『モルモン経』をあらわしたのだった〕

Mark K. Greer, "Egypt, Tarot and Mystery School Initiations" ATS Newsletter #49 <http://association.tarotstudies.org/newsletters/news49.html> 〔ATS=Association for Tarot Studies〕


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

October 26 イーハーとヒーハー Yeeha and Heeha [ことば Words]

October 26, 2008 (Sunday)

October 25 イーハー、イーホー、イーフー、ヤーフー、イャッホー、ヒーホー、ヒーハー Yeeha, Yeehaw, Yeehoo, Yahoo, Heehaw, Heeha

のつづきです。

   スポンジボブ・スクウェアパンツのガールフレンドのサンディーはテキサス出身です。空手家でもあるようなのですが、荒馬を乗りこなして、怪物を退治する シーンで "Yeehaw" と叫びました(正確にいうと、そのようにClosed Caption では表記された。モーリちゃんの父の耳にはイーハーと聞こえた)。ついでながら、その怪物を投げ縄で捕まえた。と思ったら、それは巨大な怪物の舌に過ぎ ず、という、ちょっと映像的には『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』を思わせるところがありました。

  さて、綴りがわかってしまえばこっちのもんですw。もともと擬声とか擬音語とかいうものは辞書では網羅的にはいれないものです。日本語で考えるなら、「アヘー」とか「あはーん」とか「がちょーん」などのある程度一般的な言葉も、「アサー」(谷岡ヤスジ)とか「タリラリラーン」とか「あべし」(北斗の拳) とか作家の独創的な言葉も、ふつうの辞書に入れちゃったら、外国人は学習しちゃってたいへんなことになります。あと流行語的なものである場合も多いし、作 家の独創である場合もあって、そういうのを安易に標準的な辞書はとらない(とらなかった)。だから記載もだいたい世間での使用より遅れることになる。

    と、前置きが長くなりましたが、自分としては『リーダーズ英和辞典』等には yeehaw が載っていないことを確認したうえで、またぞろ『オックスフォード英語大辞典』(OED) を見ました、まず。OED には "yeehaw" は、"int." 間投詞 、 "Chiefly U. S." 主としてアメリカ、としてあがっており、だけど英国での発音が /ˈji:hɔ:/, /ˈji:həʊ/と先に書いてあり(まあ、これはOED が英国の辞典だからしょうがないんだけど)、アメリカの発音はあんまり伸ばさないふうに/ˈjihɔ/。え、これじゃあイーハーはどこにもない、と思うと、はい語の形態としてはあれこれ並んでいます――Forms: 19– yeeha, yeehah, yeehaw, yeehoo。19世紀からいろいろな形があって、ということです。最後の"yeehoo"のあとには発音記号がついていて、Brit. /ˈji:hu:/, U.S. /ˈjihu/, etc. 最後のエトセトラはforms が他にもイロイロ、という意味でしょう。だから、見出し語としては "yeehaw" だけど、どう考えたって発音が異なるヴァリアントyeehaやyeehah も挙がっておるわけです(たぶん/ˈji(:)hɑ/, /ˈji(:)hɑ:/)。

  で、形態の説明のあとに語源について[] に入って、ごく簡単に[Imitative. Cf. "yahoo int.] とだけ書かれています。このcf.(参照)というのがクセモノで、前にラインダンスを調べているときにも出くわした記憶がありますが、参照して同棲っ中 年、いやどうせいっちゅうねん、というか、答えはどこに、という不安定で曖昧な記述ではあるのですが、まあ、参考にせよ、というくらいにとっておきます。

  そして定義と用例はつぎのようです――

An exclamation of enthusiasm or exuberance; ‘yahoo!’

   [1929 N.Y. Times 24 Mar. 5/8 The old ballads had a feeling not found in ‘mammy’ songs+. They seemed to have possessed something more than derives from the efforts of the strident lads whose ‘m–a–m–m–ys’ yee-haw upon a stricken and helpless world.]  1941 Jrnl. Negro Educ. 10 83 He lets go. ‘Yee-hoo-oo-o!’ George says, and all for the freedom.  1977 Washington Post 7 July 3/5 At Richard Montgomery High School, Bluegrass fanciers clapped and stomped to the sound of the Bluegrass Cardinals. ‘Party hardy! Yeehaw!’ yelled Brenda.  2000 R. J. Evans Entertainment iii. 33 ‘Yee-ha!’ Her friends cheered her.

   「熱狂や歓喜の叫び、"yahoo"」 そうなんですよ。ここでまた "yahoo" が出てきちゃう。だけど、あくまで意味がyahoo とおなじということで、ことばとしての由来がyahoo と同じだというところまでは何も限定していません。

   さてと、 WEB 検索でググルると、「ぐるなび上海」には「Yeeha テキサスBBQ&アメリカ風中華レストラン」があったり、「ポンポコピー日記」 (2004.8.25) によれば「この前テレビでホンジャマカの石ちゃんが「Yee-ha!」って叫んでました。まいうーな物を食べた時の雄叫びだけど」という情報が得られたり(これは映画『ヒダルゴ』に関する記事です)、あるいは映画 Dr. Strangelove の終わりで「Yee-ha!と叫びながら、核弾頭に跨って降下していく、頭の軽いカウボーイ風のコング少佐」について書いているブログ記事があったり(Chib'eri:映画「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」 2008.4.28)など、興味深いきじだけでなく、「質問回答箱みたいなところでもとりあげられていることがわかりました。

  「子供用英語教材で、ウエスタンな格好をした人がよく語尾に言う、『ヒーハー』って何ですか?」 〔Yahoo!知恵袋 2008.3.24-30〕 これの答えは、

「ひーはー」
馬に乗ったカウボーイが牛を追うときに言う、「Yeehaa!」という掛け声のことらしいです。

  というもので、音としてはヒーハーで了解されているようなのです。しかし、

  「ハワイ語? / 先日先日フラダンスを見ていたら、客席の人が「イーハー!」と言っていました。多分「ブラボー!」「ヒューヒュー!」みたいな掛け声だと思うんですが、「イーハー!」で合ってますか?この言葉のスペルや意味を知っている方教えてください!」〔OKWaveコミュニティー 2007.9.17-23〕

この質問の回答はのひとつは、

yeehawとかyee-haとかでしょう、きっと。
こちらに説明がありますが、yahoo!と同じ意味のようです。
http://www.barrypopik.com/index.php/new_york_city/entry/yeehaw_yee_...

と、明快にして簡潔かつリンク付きという、大人の回答でした(まあ、ブログもそういうのがいいのだという気もしますけれど、自分はアレコレ詮索したり検証したりするのが性分なのモノであしからず)。

  このリンクは、英語のサイトです。Barry Popik という、テキサス在住の、辞書学に興味をもち、実際 OED やアメリカ方言辞典などに寄稿しているらしい弁護士さんのブログです。最初につぎのようなまとめの文があって、下に典拠が並んでいるかたちの記事です。

"Yeehaw” (or “yeeh-ha” pr “yee-haw") is similar to the yell “yahoo!” It indicates excitement, exuberance, and delight. “Yee-haw!” is imitative of the bray of a donkey. ("Yehaw" (あるいは"yee-ha" or "yee-haw) は叫び声"yahoo" に類似。興奮、歓喜を示す。 "Yee-haw!" はロバの鳴き声をなぞっている。)

  典拠のひとつめは例の "Urban Dictionary" です。

  あ、いまモーリちゃんがパソコンよこせとせっついてきたので、コピペで情報を提供しておいて、あとで検証することにします(そんなことでいいのだろーか)。予告的(かつ自分の宿題として)に書いておくと、問題はロバの鳴き声として伝統的に書かれてきたのが "yeehaw" じゃなくて"heehaw" で、それとどういうふうな関係があるのかないのかということなのですが。――

Urban Dictionary
yee haw
1. What a cowboy or redneck might say; equivalent to the urban “Yeah!” or “Woo!”.
2. A stupid redneck.
1. Yee haw! Boy howdy!
2. Look at that yee haw blowing into his jug and dancing like a monkey.
by SC.Zee Apr 1, 2004

yee haw
A non descript exclamation which usually accompanies alot of hooting and whistling at whatever is causing the excitement. Most likely coined in the southern states of north America (eg Texas). Can also be used to punctuate traditional country and western music.
It might also be exclaimed by the rider of a bull or bucking bronco at a rodeo or their spectators.
Whilst at the rodeo the rider of the bucking bronco yelled;
“YEEEEE HAWWWWWW!”
by Dacarlo Apr 8, 2004

Cowboy Lyrics
Artist/Band: Owen Jake
Lyrics for Song: Yee Haw
Lyrics for Album: Startin With Me

It’s five o’clock, just got paid:
I’ll be off the next two days.
No more workin’ like dogs,
No more leash, no more boss.
I’ve got a weekend of nothin’ to do at all:
Yee Haw!

I know a place down the road,
The girls are hot, the beer is cold.
It’s two-for-one, yeah, that’s right:
Not just drinks; it’s girls to guys.
I hear the twins are back in town from Saginaw:
Yee Haw!

You take your all-right; you take your can’t-wait.
A lotta of bring-it-on an’ some damn straight,
An’ mix it all up with some down home southern drawl, y’all:
You got your yee haw! 

Internet Movie Database
Plot summary for
My Darling Clementine (1946)
“My Darling Clementine” is John Ford’s retelling of the Earp/Clanton fued, and the famous show down at the OK Corral. Ford embellishes on the story by centering the plot on the fictional character Clementine (Doc Holliday’s schoolteacher flame from back east). Written by Jeff Walker {pasingphas@yahoo.com}

Script-O-Rama
My Darling Clementine Script - Dialogue Transcript

[Singing Continues]
Yee-ha!
[Yipping]
Yee-ha! Ya-hoo! 
Yee, yippa-hoo! Yeah-ha!

(Oxford English Dictionary)
yeehaw, int.
Chiefly U.S
[Imitative. Cf. YAHOO int.]
An exclamation of enthusiasm or exuberance; ‘yahoo!’
[1929 N.Y. Times 24 Mar. 5/8 The old ballads had a feeling not found in ‘mammy’ songs… They seemed to have possessed something more than derives from the efforts of the strident lads whose ‘m-a-m-m-ys’ yee-haw upon a stricken and helpless world.] 1941 Jrnl. Negro Educ. 10 83 He lets go. ‘Yee-hoo-oo-o!’ George says, and all for the freedom.

7 September 1844, Milwaukie (WI) Sentinel, pg. 3, col. 3:
As a well dressed lady was proceeding down Third Avenue, on Wednesday, a huge jackass was observed to throw up his nose etc.—Presently he kicked up his heels, and with a most sonorous yee-haw! yee-haw! set off at the top of his speed down the avenue.

8 May 1875, Dallas (TX) Weekly Herald, pg. 1:
[From the Rochester Democrat.]
(...)
Then of all the pullin’ and haulin’ and sweatin’ and gruntin’ and tuggin’ and liftin’ and yeehawin’ you ever seen or heard of, we yeehawed.

Google Books
Lutchmee and Dillio: a study of West Indian Life
by Edward Jenkins
London: W. Mullan & Son
1877
in three volumes
Volume II
Pg. 12:
Yee-ha!—oh ha!
Who see de niggah?
Yo ha!—yee ha!
Where go de niggah?
Singing for Jee-roo-sa-lem,
Chorus:
Singing for Jee-roo-
Singing for Jee-roo-
Singing for Jee-roo-sa-lem!

Google Books
The Snake-dance of the Moquis of Arizona
by John Gregory Bourke
New York: Scribner
1884
Pg. 161:
“This was repeated eight or ten times, all singing a refrain, keeping time by stamping vigorously with the right foot: ‘Oh-ye-haw, oh-ye-haw, ha-yee-ha-ha-yee-ha-ha-yi-ha-a-a-a,’ chanted a dozen tomes or more with a slow measure and graceful cadence.”

1 May 1902, Des Moines (Iowa) Daily Leader, pg. 7, col. 6:
A donkey can put a great deal of pathos into its yeehaw! yeehaw!

15 July 1906, Washington Post, pg. 8 ad:
LUNA PARK
YEE HAW! YEE HAW! YEE HAW!
THE ORIGINAL MAUD,
THE MULE THAT CAN’T BE RIDDEN

6 August 1943, Sheboygan (WI) Press, pg. 7, col. 5:
Similar to the bray of a mule is the “yee haw” yell of Marine parachutists who “give” when they dive from the plane into space.   <http://www.barrypopik.com/index.php/new_york_city/entry/yeehaw_yee_ha_yee_haw/>

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

November 12 イーハー、イーホー、イーハウ Yeehaw [ことば Words]

November 12, 2008 (Wednesday)

October 25 イーハー、イーホー、イーフー、ヤーフー、イャッホー、ヒーホー、ヒーハー Yeeha, Yeehaw, Yeehoo, Yahoo, Heehaw, Heehaのつづきの

October 26 イーハーとヒーハー Yeeha and Heehaのつづきです。

  はあーっ。(気合いを入れたのではなくて、最初からため息)。

  以下は、自分でもめんどくさくてしかたないような気持ちで書くので、読むのもめんどくさいと思いますが、必ずしもそうかもしれないかもしれないので、おひまな人は試してみてください。

  さて、めんどくさい、と思う気持ちはどこから来ているかというと、26日の記事でつい引いてしまった、Barry Popik という、テキサス在住の、辞書執筆者のページをいちいち検証するのがめんどくさいのです。まず、めんどくさいから、自己剽窃します。

最初につぎのようなまとめの文があって、下に典拠が並んでいるかたちの記事です。

"Yeehaw” (or “yeeh-ha” pr “yee-haw") is similar to the yell “yahoo!” It indicates excitement, exuberance, and delight. “Yee-haw!” is imitative of the bray of a donkey. ("Yehaw" (あるいは"yee-ha" or "yee-haw) は叫び声"yahoo" に類似。興奮、歓喜を示す。 "Yee-haw!" はロバの鳴き声をなぞっている。)

  典拠のひとつめは例の "Urban Dictionary" です。

  と書きました。そして「コピペで情報を提供しておいて、あとで検証することにします(そんなことでいいのだろーか)。予告的(かつ自分の宿題として)に書いておくと、問題はロバ の鳴き声として伝統的に書かれてきたのが "yeehaw" じゃなくて"heehaw" で、それとどういうふうな関係があるのかないのかということなのですが。」と自分は書きました。

  もともと、この人のページには、「OKWaveコミュニティー」というところの回答に導かれてきたのですが、回答は「こちらに説明がありますが」という、前に書いた言葉をまた繰り返せば、「明快にして簡潔かつリンク付きという、大人の回答でした(まあ、ブログもそういうのがいいのだという気もしますけれど、自分はアレコレ詮索したり検証したりするのが性分なのモノであしからず)。」。

  ちょっと脱線しますけれど、リンクというのはインターネットの本質だと誰でも思っているものだと思います。で、まあ、リンクを意識的に提示するのは、比喩的にいうとシオリをはさんだ本を差し出しているような感じにも思われ、コピペも添えてのリンクは、本を開いて机に並べて置くというような、「ほら、読んでみて」という切迫感が強い、あるいは押しつけがましいところがなくはないかもしれない。けれども、この比喩が必ずしもあたっていないのは、しばしばリンクの先にリンクがある(つまり本の中に本、箱の中に箱みたいな複雑さ)とか、あるいは、1冊の本に相当せず、それ自体が複数の、しかも内容が相矛盾して、どこに筆者の(というよりリンクをまとめた人の)main idea があるのかわからないとか、そういう事態が生じるからです(もちろん、現実の紙の世界でも似たようなことは――寄せ集めのメモみたいな、あるいは複数の辞書の記述の併記みたいな―― あるけれど、WEBでは内容が十分に吟味されずに相互参照のためにリンクがハラレテしまいやすいということがあるのだと思う)。

  それで、自分は、ここに説明がありますよ、とリンクを提示され、はい、ありますねー、これが説明です、はいどうぞ、と次の人に渡すようなウワベの「知識」がときどきイヤになる、というか、まあ、それだけじゃいやだ、というだけのことかもしらんが。・・・・・・ぶつぶつぶつぶつ・・・・・・

  脱線から戻ります。

  バリーさんの「引証」は以下の並びです(実は実にわかりにくい)。

(1) Urban Dictionary  ふたとおり(ふたり)の定義

(2) Cowboy Lyrics  "Cowboy Lyrics" はサイト名で、引かれているのは伝統的なカウボーイの歌ではなくて、最近のバンドの歌詞

〔(3) Internet Movie Databaseから映画『いとしのクレメンタイン』(1946) のあらすじが引かれ、〕

(3') Script-O-Rama というページの"My Darling Clementine Script - Dialogue Transcript" が引かれる(ちなみにscript というのはいわゆる公式のシナリオではないです)。

(4) Oxford English Dictionary の引用

(5) 7 September 1844, Milwaukie (WI) Sentinel, 3ページ第3コラム

(6) 8 May 1875, Dallas (TX) Weekly Herald, 1ページ

(7) Google Books によりLutchmee and Dillio: a [S]tudy of West Indian Life by Edward Jenkins (London: W. Mullan & Son,
1877)  第2巻12ページ

(8)  Google Books によりThe Snake-dance of the Moquis of Arizona by John Gregory Bourke (New York: Scribner, 1884) 161ページ

(9) 1 May 1902, Des Moines (Iowa) Daily Leader, 7ページ第6コラム

(10) 15 July 1906, Washington Post, 8ページ広告

(11) 6 August 1943, Sheboygan (WI) Press, 7ページ第5コラム

   5, 6, 9, (10), 11 はアメリカの州名が示されていて、つまり、地域性、地域差があるのではないか、という意識です。実際、検索をあらためてかけると、このかた(バリーはん)がアメリカ方言協会に同様の情報を送っていることがわかります――"LISTSERV 14.4" (12 March 2007) <http://listserv.linguistlist.org/cgi-bin/wa?A2=ind0703b&L=ads-l&P=9752>

   あーっ! いまあらためてまた検索したら、これに対する返信が添えられているのがありました <http://listserv.linguistlist.org/cgi-bin/wa?A2=ind0703B&L=ads-l&P=10312>  JL はんという人から――"This is great, Barry, esp. since it makes it unnecessary for me to rent _Red River_, which, unbelievably, is scarce around here."と、 グレートなのは本を借りる手間が省けたからかよ、と突っ込みを入れたくなる書き出しで、後半は落下傘部隊についての蘊蓄を披歴しているのですけれど、その2段落目――

I always thought jackasses said "hee-haw," not "yee-haw."  I doubt that the latter-day interjection originated in a conscious imitation of the quadruped.
ロバは "yee-haw" ではなくて "hee-haw" と鳴くとわたしはずっと思っていた。当世の間投詞は四足獣〔ロバのこと〕の意識的な模倣に由来するというのは、わたしは疑問に思う。

  はい、モーリちゃんの父もずっと疑問に思っております。 ただバリーはんの集めた用例は、(11)の落下傘部隊についての "Similar to the bray of a mule is the 'yee haw' yell of Marine parachutists who 'give' when they dive from the plane into space."(落下傘部隊が飛行機から空中へダイブするときに「発する」「イーホー」という叫び声は、ラバ〔mule 雄ロバと雌馬の子〕のいななき〔bray ロバの鳴き声、比喩的には軽蔑・あざけりなどの大きな笑い声〕に似ている)、(9) の "A donkey can put a great deal of pathos into its yeehaw! yeehaw!" 、(10) の広告の "YEE HAW! YEE HAW! YEE HAW! / THE ORIGINAL MAUD, /THE MULE THAT CAN’T BE RIDDEN" という謎めいた文句、など、ロバやラバの鳴き声とかすっているように見えるのは確かです。

  しかし11はsimilar (似ている、同類)としか言っておらんし、(10) の広告は、おそらくmaud というのはスコットランド風のショールか膝かけかなんかで、mule はミュール精紡という織りのことではないかと(つっかけ靴のミュールかと思いましたが、たぶん商品のモード=ミュールで、しかしmule といってもラバじゃないので乗れません、でも素晴らしい商品ですイーハー、ヤッホーということではないかと。それと(9) は、ロバ(donkey というのはass, jackass に対して、とくに家畜化されたロバという意味です)はその「イーホー、イーホー」という声に多大の悲哀をこめられる、という文ですけれど、hee-haw という、通常ロバの鳴き声とされる表記が、バカ笑い、下品なバカ笑い(「ガッハッハ」みたいな)を比喩的に(つまり人間については)意味するので敢えてずらしているのかもしらん。あるいは、ともかく、これだけでロバの鳴き声がyeehaw だとは言えないでしょう(ま、ちょっと自分で書きながら苦しいのもわかっています。可能性は否定せんし関連というか連想の関連はそりゃああるだろう)。

  ま、わからんです。わからんですが、名古屋人がみゃーみゃー言っているのはネコのまねだとか〔参照――『名古屋みゃーみゃー通信』「50 みゃーみゃーなんて言っとらん!」〕、ブーイングというのはぶーぶー言う豚のように不平の声を挙げることだとかいうのと同じような、安易な発想が論理を超えてありゃあせんか、ということです。そして、いろいろと用例を探してくる姿勢にはおおいに敬意を表するものでありますが、いちばん気になったのは、最初にあがっているUrban Dictionary の項目で、それも、無批判にかかげていることに疑問を抱かざるを得なかったのでした。

  ちょっとおもしろくなってきたので続きます(ガハハ)。

    と思ったけど、暫定的にケリを入れて、いやケリを付けておきます。

    "yeeha - wiktionary" <http://en.wiktionary.org/wiki/yeeha>

    リンクかよw  ・・・・・・いや、ウィクショナリーはyeehaw を yeeha の"alternate spelling" 異綴り として、yeeha のほうをメインにしているんですね。

     とりあえず由来は不明。ロバの鳴き声のheehaw との関係は不明。とりあえずyee- と綴った場合に「ヒー」と発音するとは思われません。でもそれは「ヒーハ」heeha, heehaw と発声するヒトがいないということを意味するものではもちろんない。つづく~。

 

ブヒッとな

にほんブログ村 英語ブログへ
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

November 13 都会的辞典 Urban Dictionary ――イーハー、イーホー、イーハウ Yeeha, Yeehaw のつづき [ことば Words]

November 13, 2008 (Thursday)

   前段的に、都市と都会の違いについて頭がこんがらがるまで悩みたいという人がもしいるなら、『落書き帳アーカイブズ』の「「都市」と「都会」の違いは何か? 」という議論が眠気を誘うにはよいかもしれませんが、お勧めはしません。

October 25 イーハー、イーホー、イーフー、ヤーフー、イャッホー、ヒーホー、ヒーハー Yeeha, Yeehaw, Yeehoo, Yahoo, Heehaw, Heehaのつづきの

October 26 イーハーとヒーハー Yeeha and Heehaのつづきの

November 12 イーハー、イーホー、イーハウ Yeehaw

のつづきです。

 

  さて、Urban Dictionary というのは、


www.urbandictionary.com

   というWEBサイトです。 Aaron Peckham という男性が、Cal Poly と略される California Polytechnic State University (San Luis Obispo 市の郊外にある大学) 在学中にはじまったとされていますが、1999年にサイトとなってのち2008年11月までに350万を超すdefinitions (語彙数や見出し語数ではない)が提出されているスラング辞典です。word を world に換えた、"Define your world" がうたい文句。その自己宣伝ページ <http://www.urbandictionary.com/ads.php>――

Urban Dictionary is more than a dictionary. It's a catalog of human interaction and popular culture created by hundreds of thousands of people, and read by millions. Urban Dictionary grows with hundreds of new definitions every day.

Hundreds of thousands of daily visitors read Urban Dictionary for witty, honest definitions that explain today's culture. MSNBC used Urban Dictionary to investigate the man crush; BBC News found the difference between boo and boom; and the San Francisco Chronicle used Urban Dictionary to explain hollaback girl.

mo' urban dictionary book urbandictionary.com is also available in print, in Urban Dictionary (2005) and Mo' Urban Dictionary (2007). Look for the 2009 Urban Dictionary Calendar, coming soon.

 

   形態は、sign up & log in によって誰でもが執筆できるところはウィキペディアとかと似ている、と思われます。「誰もが自由に編集に参加でき、専門家による査読を経ない記事が公開されるため、情報の信頼性や公正さなどは保証されておらず」というのは、ウィキペディアによるウィキペディアの説明記事「ウィキペディア」の一部ですが、どれだけ有効かどうかはともかくアーバン・ディクショナリーの場合は独自のシステムがあって、第一に、ボランティアの編集者団が、提出された定義を公開するか否かを審議する(Log in ページの注記を引用すれば "Editors see the newest defs before they hit the streets, and decide what gets published." (<http://www.urbandictionary.com/login.php?after_login=editor>)、第二に、表に上った定義について投票が行なわれ、アップ・ダウンする。だからもっとも「ナイス」をもらった人気のある定義が先頭に立ちます(それからコメントとタグの付与もある)。これは複数の定義が並立することを意味しています。そして、上の広告は "witty, honest definitions" という形容を自ら与えていますけれども、おそらく誰が読んでも、Urban Dictionary の定義は、しばしば皮肉で、諷刺的で、ときに差別的で(こういうものはなるほどウィットと時に呼ばれるものかもしれないが)、さらに記述はときにいい加減で、誤字があったり、誤記があったり、下品であったり、します。

  個人的には、このブログ内でなんどか引証したのですけれど、最初にひっかかったのは、"emo" の定義でした(「September 12 ジェレミー・イーニックの解説文章で英語の勉強をしてみる Jeremy Enigk」参照)。「"emo" はなんや、ということで、見ると、この辞書は執筆者複数の場合は併記なのね。Wikipedia より民主的ということになるのかしら」とそのとき書きましたけれど、いま見ると、"emo" ないし "Emo" の見出しで96ページ、672の定義が並んでおりました。やれやれ。もう探すのもめんどうですが、あのとき目にとまったので、軽蔑的だなと思われる記述がありました。

  さて、勢いを出して、yeehaw です。 アレッ、バリーのだんなが引いている2004年の例がどっちもないぞ、と思ったら、Barry Popik さんは"yeehaw" ではなくて "yee haw" という分かち書きのほうを参照していたのでした。やれやれ。ちなみに "yeehaw" の先頭にある定義は、"If you're southern, got a little redneck in you or you're happy you can say YEEHAW! "(「もしもキミが南部人で、内にいくらかレッドネックをもっているかハッピーだったら、YEEHAW! と言える」)というわけわかめのものです。仔細に検討するヒマはないですが、バリーはんが一番に挙げた定義ぐらいは検討したい。

Urban Dictionary
yee haw
1. What a cowboy or redneck might say; equivalent to the urban “Yeah!” or “Woo!”.
2. A stupid redneck.
1. Yee haw! Boy howdy!
2. Look at that yee haw blowing into his jug and dancing like a monkey.
by SC.Zee Apr 1, 2004

yee haw
A non descript exclamation which usually accompanies alot of hooting and whistling at whatever is causing the excitement. Most likely coined in the southern states of north America (eg Texas). Can also be used to punctuate traditional country and western music.
It might also be exclaimed by the rider of a bull or bucking bronco at a rodeo or their spectators.
Whilst at the rodeo the rider of the bucking bronco yelled;
“YEEEEE HAWWWWWW!”
by Dacarlo Apr 8, 2004 

  まず、上の、SC.Zee という人の定義は、都会の人間の "Yeah" と "Woo" に相当する、カウボーイや南部の田舎者のことばが Yee+haw というのは、冗談にすぎません。まったく。ははは。ダジャレかよ。下のDacarlo という人の英語は、"non descrpit" → "nondescrpit"、"alot" → "a lot"、"north America" → "North America"、主語のインフォーマルな省略、"their spectators" の "their" の指示が不明、"It might also be"というもってまわった言い方、などのおかしなところがあると思われ。だいたい、こんな人が気取って書いている「北米の南部諸州(たとえばテキサス)で造られた言葉というのが最もありうるところである」とかいう記述をどう信じろというんでしょ(事実そうであるとしても、だw)。バリーは何考えてるんだか。テキサス人ということで、カウボーイやテキサス起源というところに惹かれちゃったのかしら。

  普通の辞書に(まだ)載っていない言葉が載っているのは確かだけれど、これだけ遊びがすぎて、膨大になると、辞書としては眉に唾をつけないと使いづらいように思えるのでした。都会の孤独をまぎらすための読み物としてはいいのかしら。わかりません。なんかWEB の情報のありようの縮図みたいな気もする。にほんブログ村 英語ブログへ

--------------------------------------------------

"Urban Dictionary" -Wikipedia <https://secure.wikimedia.org/wikipedia/en/wiki/Urban_dictionary>

HP のいまの見出し→ "Urban Dictionary, November 12: echo effect" <http://www.urbandictionary.com/>


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

November 14 人が動物になるとき When a Man Becomes an Animal――イーハー、イーホー、イーハウ Yeeha, Yeehaw のつづきの2 [ことば Words]

November 14, 2008 (Friday)

  まだ、yeeha を引きずっている記事です。

October 25 イーハー、イーホー、イーフー、ヤーフー、イャッホー、ヒーホー、ヒーハー Yeeha, Yeehaw, Yeehoo, Yahoo, Heehaw, Heehaのつづきの

October 26 イーハーとヒーハー Yeeha and Heehaのつづきの

November 12 イーハー、イーホー、イーハウ Yeehawのつづきの

November 13 都会的辞典 Urban Dictionary ――イーハー、イーホー、イーハウ Yeeha, Yeehaw のつづき

のつづき。

    ピッカリ王子の今週の検索なぞなぞは 「キャンプ場にたくさんあるドアってなーんだ?」というもので、それはテントだろ、と検索するとダメで、おいおい、まさかアウトドアじゃないよな、というのがビンゴなのでした。アウトドアのドアってもともとドアじゃんか、シャレでもなんでもないよ、と不満をブーブー言った朝でした。が、昼寝をしながら冷静に考えてみると、「たくさんあるドア」の「ドア」がdoor だと考えることは勝手に意味を推測・限定しているのであって、純粋に音と文字で考えれば、問題ない、というかちゃんとなぞなぞとして問題になっている、ような気もしてきた。もっとも、解答ページでは「アウト扉」と解説(?)が添えられており、それは余分だ。それじゃあだめだ。

  このように(どのようにか)人は文字の並びを意味づけて(既知の意味に分節して)読んでしまう。文字の並びはだいたいは音からきている。だいたいは、どの言語でも音声言語があって、のちに文字が生じたり、よその言語から借りてきた文字を適用したりした。

  イーハー、ヒーハー問題にかかずらわりたくなったなかった最大の理由は、それが擬音語とか擬声語とかいうものだろうから、でした*。第一に、わしにはニワトリの鳴き声がコッカドゥードゥルドゥーとはどうしたって聞こえないし、熱いときにアウチ!と叫ぶこともないし、オーマイガッとかガッデムとは口が裂けても言えない。第二に、いまの最後の例Oh! My God!  Goddam(n)は、間投詞interjecion といっていいのだろうけれど、ここまでくると、既存の意味のある語を含んでいて、そうなると第一の音の感覚のみならず、意味の体系についても知らないとならない。三番目に、第一と第二の境が不分明。

  * ほんとにそうなのかはわからず。つぎの自分の記事でちょっと辞書を検討します。

  ここで勉強です。「擬声語」- Wikipedia ――

擬声語(ぎせいご)は擬音語と擬態語の総称で、英語:onomatopoeiaの訳語である。オノマトペ(仏 onomatopée)ともいう。擬声語を擬音語の一部とする文献もある。

擬声語は、金田一春彦による研究が知られているものの、言語学において長らく研究対象とはされてこなかった分野である。

日本が 模範とした欧米の言語学は実際的な使用面よりも抽象的な理論形成を主眼においたこと、そもそも擬声語は言語体系の中心を離れた周辺的なもの、要するにだらしなく子供っぽいものと見なされたことがその理由である。子供っぽいという点に関しては、擬声語が日常語や子供向けの本に多用されるが、学術論文などにはまず登場しないことから窺える。

音と意味が直結した言葉である擬声語の意味の違い(「おずおず」と「おどおど」の違いなど)を考えることは、日本語の言語感覚を磨くのに役立つとする見解もある。

   音と意味が直結というのはどういうことですかね。意味あるのかなあ。その意味ってなにかなあ。

   onomatopoeia (これって英語じゃなくてギリシア語じゃないのかしら)の日本語の訳語としてはいろいろあって 「擬声語」「物声模倣」「声喩法」「擬声法」「写音法」「声喩」だそうです(あくまで日本語版Wikipediaによる)。ウィキペディアの記事は、擬声語を擬音語と擬態語に二分します。「擬音語は物が発する音を字句で模倣したもの」――

例:

  • メーメー(羊)
  • ブーブー(豚)
  • ドキドキ(心臓の鼓動)
  • ガチャン(ガラスの割れる音)
  • ドカン(爆発音、衝撃音)

なお音声を発する主体が同一の場合であっても、言語が違えば表記も当然違うものになる。

例:犬が吠える声

  • 日本語・・・wan-wan(ワンワン)
  • 英語・・・bow-wow, bark-bark, woof-woof, arf-arf
  • ドイツ語・・・wau-wau
  • フランス語・・・ouaf
  • スペイン語・・・guau-guau
  • オランダ語・・・baruw-baruw
  • イタリア語・・・bau-bau
  • ノルウェー語・・・baggo-baggo
  • スウェーデン語・・・voff
  • フィンランド語・・・hau-hau 〔イカ略〕

  動物は物なのでしょうかw。「言語が違えば表記も当然違う」というのが文字が違うから、という主旨なのか、音そのものが違って捉えられるという意味なのか、よくわかりません。「擬音語が動詞化・一般名詞化する用例も多数存在する」例としてあがっている、「その鳥が発する鳴き声からカッコウ (en:cuckoo)」って、まさに英語も日本語も同じに見えるんすけど――「南アルプスを眺めながらのんびりお茶しませんか」。ちなみに、英語のWikipediaの "anomatopoeia" は、むしろ類似のものを並べているように見えるのが興味深いです――

Balloon bursting

  • In English, pop
  • In Spanish, pop
  • In Tagalog, pop
  • In Macedonian, pau (пау)
  • In Romanian, poc
  • In Turkish, bom

Clock

  • In Chinese, Mandarin dī dā (滴答) (which also means "the drop answers")
  • In Dutch, tik tak
  • In English Tick Tock
  • In French tic tac
  • In Hungarian, tik tak
  • In Indonesian, Tik Tok
  • In Macedonian, tik tak (тик так)
  • In Norwegian tikk takk
  • In Romanian, tic tac
  • In Spanish, tic tac
  • In Swedish, tick tack
  • In Turkish, tik tak
  • In Bulgarian, tik tak
  • In Tamil, tik tik
  • In Tagalog,tic tac tic tac
  • In Polish, tik tak tik tak

  もちろん違うものもたくさん例示しているのですけれど。 

  日本語のほうに戻って、もうひとつの種類が「擬声語」ですが、「状態や感情などの音を発しないものを字句で模倣するのは、日本語の特徴でもある。「たっぷり」「ちょうど」のように擬態語と一般語彙の中間的なものもある。これについては英語版にJapanese sound symbolism(日本語の音象徴)がある。」 と書かれています。

  さて、考えれば考えるほどドンづまる問題なのですが、 「音声を発する主体が同一である場合」、その音声を複数の言語の話者が、たとえば母語ではなくて、国際音声記号(IPA)――「あらゆる言語の音声を文字で表記すべく、国際音声学会が定めた記号」(Wikipedia)――みたいな共通の表記で書きとったら、同じものになるのでしょうか。もちろん音声記号自体は、通常の人の言語の音を弁別するためのものでしかない(1回1回の発音の個別差を必ずしもとらえようとするものではない)ですから、人の言葉から離れた音声を表記せよということに無理があるのは承知しています。けれども、既に辞書に入っている擬音、それはどうなのだろう。

  具体的に考えてみると、誰だって(とはいいきれんが)、カエルがケロケロと鳴いたりお寺の鐘がゴーンと鳴っているとは必ずしも思っていないかもしれません。 でもそれを人(日本人が)がそのまま発したらば、それはIPA で表記されてしまうでしょう、たぶん。では、人々は同じ鐘の音を聞いているのでしょうか。つまり、あこれは鐘の音だと了解する前の純粋な音として、つまり鐘の音だと了解する以前というだけでなく、既知のモノや意味にまったく関連づけないで――そういう、原初的な世界内存在のありようが可能だとして――人が聞いたとき、それは同じ音ではないかしら、と思われ。

  あと、ある種の人の叫び声は実は「意味」をもつといっても情動的なものでしかなくて、そうなると、それは動物の鳴き声に近いもので、だとすれば、それを聞く人の言語の違いによって違って聞こえるものかどうか。動物の鳴き声のようなものだけれども、それぞれの言語でしばしば特有の表記をしているように(ワンワンとバウバウとか)、同じ叫びも違う発声として聞こえてしまうのかどうか。

  イーハーと叫んでいるのにヒーハーと聞こえてしまうのかどうか。ヒーハーと叫んでいるのにイーハーと聞こえてしまうのかどうか。

  それでも、意識的に叫んでいる限りは動物になりきってはおらんのでしょう。だから、さらに悩ましい(笑)。みんな、裸になろうぜ、という気もさらさらないが。

  はい。それでは、動物の鳴き声特集の「シング」をどうぞ。1分間の短いものですが、いろいろと登場します。ロバは29秒から33秒くらいにかけて登場しヒーハー言っています――

 


" Sesame Street - Sing (sand art) " (1:00) posted by "sesamestreet66" on January 19, 2008

  それともこのhee haw 言っているのは人なのかしら。いやそもそも実はヒーハーなんて言っていないのかしら。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

November 14 動物の動作をね Animal Life――イーハー、イーホー、イーハウ Yeeha, Yeehaw のつづきの3 [ことば Words]

November 14, 2008 (Friday)

    今日のSFベイエリアは暑いです。夏の陽気です。モーリちゃんの小学校の母親面談があるので、ウチで待機していたのですが、モーリちゃんはどっかのうちへ呼ばれて遊びに行くと(モーリちゃんの母から)電話がありました。それで、ひとりで昼間からビールを飲んでいます。

  さて、さっきの

November 14 人が動物になるとき When a Man Becomes an Animal――イーハー、イーホー、イーハウ Yeeha, Yeehaw のつづきの2

 

 で、書きながら気になったので、すぐに書き入れたように、いったいyeehaw は擬声語なんだろうか、間投詞じゃないの、という疑問の声が澎湃〔ホウハイ―「水が激しく逆巻くさま」転じて「ものごとが勢いよく起こるさま」〕と身内に起こりました。ホウハイは漢語だから形容動詞で、つがるの「ホーハイ節」は囃子言葉(「一種のヨーデル技法が存在する」、とウィキペディア「ヨーデル」は言っておるが)だから擬声語で、ということになるのかしら。えーと、いちおう自分の典拠としてはオックスフォード英語大辞典 です。OEDは[ ] に入った語源欄のところで Imitative と記しています。よ―知らんけど、imitative は擬音か擬声をしめすのだろうなあと。

  ちなみに、Wiktionary は、English interjections というカテゴリーの中にyeehaとそのヴァリアントyeehaw を入れています。それは承知していました。日本語のウィキペディアの間投詞、と思ったら「感動詞」、の項目は、読んでも他のカテゴリーとの関係が書かれておらず。「感動、応答、呼びかけを表し、活用がなく、単独で文になり得る語」ということだと、yeehaw も Goddamもやっぱ間投詞、もとい感動詞ですかね。

日本語

感動
話し手の感動を表す。「ああ」「まあ」など。
呼びかけ
相手に呼びかける。「もしもし」「ちょっと」など。
応答
相手に応答する。「はい」「いいえ」「うん」など。
あいさつ
「おはよう」「こんにちは」「さようなら」など。
かけ声
「えい」「よいしょ」「それっ」など。

英語

  • ah(ああ)
  • aha(なるほど)
  • eh
  • er
  • gee
  • gosh
  • heh(ひっひっひ)
  • hmm(うーん)
  • huh
  • no(いいえ)
  • oh(おお)
  • uh
  • uh-huh(うん)
  • uh-uh(ううん)
  • well(えーと)
  • yeah
  • yes(はい)

  まじめに考えてみれば、品詞という概念と擬声語・擬音語、オノマトペイアというのはカテゴリーが違うわけでしょうね。そうだそうだ。そのとおり。

  ところで、動物の鳴き声は品詞に分類されるのかしら。やっぱ感動詞か。ウィクショナリーを見ると heehaw, hee-haw は同じく English interjections のなかに分類されていました(正確に言うと、同時に名詞 nouns にも分類されていますが)。感動した。

Interjection

hee-haw

  • IPA: /ˈhiː.hɔ̰̃ː/ (♪: ˉˍ)
  1. The cry of an ass or donkey.

   IPA 国際音声記号のあとの(  ) に入った♪は音の高低を示しているのですね。

  あれ? 何が問題だったのだろう。ハイ、問題は雲散霧消しました。OED もよく見たら、見出し語のあとに ,int. と書かれていました。どあっはっは。

  問題があるとすれば、動物の鳴き声は感動詞であるが(感動・呼びかけ・応答・あいさつ・かけ声のどれに相当するか、抑揚によるものか、あるいはより単純な感動か、あるいは人間と類推的な感動と考えること自体人間の思い上がりであるか、はともかく)、人がそれを記述すればそれはオノマトペとなるということですか。 それとも動物(人間以外の、という意味で)もオノマトペを発していると考えられるのだろうか。ま、定義問題にすぎないのかもしれないが、ちょっと気になる。

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  hee-haw は由緒あるロバの鳴き声(の擬声語)です。


 

    と、ここまで書いたところでモーリちゃんの母が帰って来ました(16時過ぎ)。そして、山火事だ、アルバニ山で煙があがっている、というのでした。マド、いや窓から山の方を見ると、確かに煙が(火は見えず)。「なんか鳴ってなかった」「あ、そういえばサイレンが。でも1台だけだった」「小学校のほうから見ると、はっきり・・・・・・」というようなことで、スワ、カメラをもって山へ、と思ったのですが、それでは馬になってしまう(なぞなぞかよ)、と思いなおし、窓からの写真だけ撮りました。たぶん頂上(というものがあるとして)近くではないかと思われ。「誰か通報しているよね」「電話したらお金とかもらえるの」「いや、お金はもらえないが、賞状はもらえるかも」「あなたは誰とかいろいろ聞かれるのがいやだわ」・・・・・・前に(「October 14 サンターナと悪魔の風 Santana and the Devil Wind [天気 weather]」)紹介したWEB情報ページNational Interagency Fire Center <http://www.nifc.gov/fire_info/nfn.htm>には夕方の時点で載っていませんでした。まあ既に鎮火だよな、そうじゃなきゃ避難勧告とか警報とか出るだろうし。ということで、パソコンはモーリちゃんに取られ、モーリちゃんの父は痛む鼻を我慢しながら(唐突ですが、2日前から腫れている)トンカツづくりに精を出し、早々に就寝したのですが、夜の10時のニュースでアルバニ山の火事を報道していたようです(母は見たが父は見ておらず)。朝からカリフォルニアのMontecitoの1マイル北東のTea の山火事のニュースはテレビで見ておったのですが、こんなに間近で起こるとは思いませんでした。Tea Fireとはぜんぜんまったくケタが違いますけれど。

    いま15日土曜日の朝6時ですが、異常に暑いです。

   ということで、まだ続きます。

 

   あ、BGM "Animal Life"

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

November 15 マクドナルドじいさんの農場の動物 Old MacDonald Had a Farm 王老先生有塊地 [ことば Words]

November 15, 2008 (Saturday)

    実はまだyeeha をひきずっていますが、昨日、このごろ尊敬しているpecoさんからのコメントを読んで、ヒーホーのほうに俄然関心が湧いたので、迂回します。

  このあいだのセサミ・ストリートの 「シング」の砂絵ヴァージョンのように、動物の鳴き声というのは子供の歌によく利用されるものです。で、昨日中断したところにつなげると、hee-haw というのは由緒あるロバの鳴き声として昔からあります。

  『オックスフォード英語大辞典』(OED) の記述だと、見出しは hee-haw で、 "A conventional representation of the bray of a jackass" が1番、2番目が "A loud unrefined laugh" (大きな、抑えの利かない笑い声)で、用例は19世紀前半からあがっています。発音は「ヒーホー」。つづりはほかに hiu haw, he-haw (また、he-hawn U.S.)。

  いわゆるマザーグースと称される英国童謡の、「マクドナルドじいさんは農場をもっていた Old MacDonald [McDonald] Had a Farm」、邦題は「ゆかいな牧場」というのだそうですが、タイトルにピンと来なくても、誰でも聞いたことがある歌だと思います。

  ひさしぶりに三宅先生に出てもらいますか。――

Old MacDonald Had a Farm, E-I-E-I-O
愉快な牧場

  〔三宅教授とみんなでえいごうた〕

  しかし、残念ながら、ロバまで歌詞が達しておらんのでした。

  三宅教授のとはちがう、そしてちがうタイプの日本語訳もついているサイト――

Old MacDonald had a farm, E I E I O 

〔マザーグースの遊び部屋〕

  クリックがめんどいかもしれませんので、 音と映像をだしましょうか。・・・・・・ううむ、みつからない。ロバまで入っていないヴァージョンでとりあえずかんべんしてください――


" KEMAS: old mcDonald had a farm " (2:47) posted by "COUNSELLOR2007" on November 12, 2007

早口で耳がついて行かないヴァージョン (2:28)

動物が前面にフィーチャーされているヴァージョン (2:42)

   見つかったらまた、ということで。

  ロバのところは、適当に訳すとこんな感じです。

Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O.
And on that farm he had a donkey, E-I-E-I-O.
With a hee-haw here and a hee-haw there.
Here a hee, there a haw, everywhere a hee-haw.

(マクドナルドじいさん農場もってた、イー・アイ・イー・アイ・オー
そして農場でロバを飼ってた、イー・アイ・イー・アイ・オー
こっちでヒーホー、そっちでヒーホー  ここヒー、そこホー、どこでもヒーホー )

  ところで、三宅教授は次のような注釈を与えています。――

 イギリスの古典童謡のひとつで、起源は18世紀初めまでさかのぼれそうです。当然多くのヴァージョンがあり、動物の種類ではなく、次々に身体の部分が出てくるものもありますし、新しい動物が登場するたびに、すでに出たものを重ねてゆく歌詞もあります。
 日本では「ゆかいな牧場」としてよく知られていますね。特長は何と言ってもいろんな動物の鳴き声でしょう。ここにはヒヨコ、アヒル、七面鳥、ブタ、め 牛、犬、馬の7種類が出ていますが、もちろんこれ以外にも、ヒツジ、ヤギ、猫、などいくらでも増やして行けます。日本語では、ヒヨコはピヨピヨ、アヒルは ガーガー、ブタがブーブー、牛はモーモーとなるところですが、下の訳ではわざと英語音に近い表記にしてみました。私事ですが、初めて英語を習い始めた頃、 英語で犬の鳴き声はbow-wowというんだと聞いて、本当にアメリカの犬は「バウワウ」と鳴くんですか、と尋ねた同級生がいたのを思い出しました。しかし、英米人の中にはbow-wowを 犬の声そっくりに真似る人がいますね。日本で犬といえば「ワンワン」に決まっていますが、本物の犬の鳴き声は決してそうではありません。七面鳥の「ゴブル ゴブル」、ブタの「ホィンクホィンク」にしても、英米人が発音すると、人にもよりますが、本当にその鳴き声によく似ていますよ。オンドリの鳴き声は、cock-a-doodle-doo「コッカ・ドゥー・ドゥル・ドゥー」ですが、本当にそっくりに真似る人に会ったことがありますよ。

  第一に、いまきちんといずれが正しいかを調べる気力がありませんが、日本語のウィキペディアは個別の項目として立てていないようですけれども、他の複数の記事内ではアメリカ民謡としているようです ――「ゆかいな牧場」 <http://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Search?search=%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AA%E7%89%A7%E5%A0%B4&sourceid=Mozilla-search>

  第二に、 これは(人間が)「コケコッコー」といおうが"cock-a-doodle-do"といおうが、あるいは「ワンワン」だろうが "bow-wow" だろうが、動物そっくりに真似る人はいるということのような気がするのですけれど、どういうことになるのでしょう。

  どうも、あのねのねが頭に浮かんでしょうがないのですが、なぜでしょう。

  大阪ではラップといっしょになって流行っておるのですか? なんか動物以上に理解不能――


" 大阪うまいもんの歌:猫夜叉&だんじり " (3:39) posted by "taieijiro" on October 2, 2008

----------------------------------------------------------------------------------

"Old McDonald Had a Farm" - Wikipedia <https://secure.wikimedia.org/wikipedia/en/wiki/Old_mcdonald_had_a_farm>  これには、各国語の訳が一部のっており、、日本語のヴァージョンは、ジェリー藤尾かと思ったら、つぎのような歌詞が引かれていました――

いちろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは ひよこ イーアイ イーアイ オー
あら チッチッチッ ほら チッチッチッ あっちもこっちも どこでもチッチッ チッチッチッ ほら チッチッチッ あっちもこっちも どこでもチッチッ
いちろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー

調べてみると小林幹治というひとのむかしの訳詞のようです。

  中国では「王老先生有塊地」だそうですが、いちろうさんというと牧場というより道場という感じ(お笑い漫画道場の富永一郎先生)。

「ゆかいな牧場」歌詞とメロディー⇒

<http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html>

なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・歌謡・寮歌・民謡  〔このページはJASRACの承認を受けており、たいへん便利なサイトだと思います。「おおスザンナ」で出会ったのはここでした。〕

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

April 5 カンパ+ニュラ、ヌラ、ヌーラ、ネラ、ネルラ、ネロ [ことば Words]

April 05, 2009 (Sunday)

    はい、『風のガーデン』を見ています。カリフォルニアでは、普通の視聴チャンネルだと、遅れて今年の1月からの放送であったと思います。それで、もちろん、このあいだUCB のCampanile ことセイザー・タワーについて書いているときに、風のガーデンの釣り鐘草の類を思い起こしていたわけですけれど。

  ちょうど、そのころ、平原綾香の歌 (歌詞字幕付きver.)が「カンパニュラの恋」というタイトルだったと(あらためて)知りました。カンパネラでもカンパニーレでもカンパネルラ(「銀河鉄道の夜」)でもないのね。

  今日、4月5日は、アメリカ滞在の日曜日としては最後です。で、そろそろ最終回かなあと思っていたのですけれど、モーリちゃんとモーリちゃんの母がまた送別パーティーに呼ばれ、でもモーリちゃんの父はゲラの校正の最終作業でうちに残って、ひとり見ていたら、9時に始まって、9時半に終わりました。げげげ。なんだよそれ! こちらのなんたらテレビは1時間以上の番組を放送する気力がないのでしょうか。(ちなみに夜のNHKのニュースは週の半分以下に減ったようです。どうも日本の力が弱っているような・・・・・・でなければ、金持ちは月に3000円ぐらい払ってなんたらいう日本語放送を見ているのかしら)。

  それはさておき、たぶん今日初めて日本語歌詞を聞きました(よく聞き取れませんでしたが)。鐘塔の歌ではなくて花の歌だったのね。

  でも Campanula という植物の属のラテン語の読みは、モーリちゃんの知識では、カンパニュラではなくてカンパ(ー)ヌラというのが適当だと思われますけれど。カンパニュラというのは英語読みという感じ(完全な自信はないですけれど)。-ula は縮小辞。

  しかし30分とはね。まだモーリちゃんたちは帰ってきませんが(いまカリフォルニア時間は5日夜10時57分)、母はがっかりするのだろうなあ。あとはモーリちゃんの父が、とにかくキミが好きなドラマを全部とっておいてくれ、と裸のDVDを渡してくどいた女友達(死語)に期待するしかないのですが。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
ことば Words ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。