So-net無料ブログ作成

December 31-January 1  大晦日から元日へ [断章 fragments]

December 31, 2008 (Wednesday)

   モーリちゃんの母は朝イナリずしをつくって買い物に出かけた。午後、モーリちゃんの母はまた買い物に出かけてしまったので、モーリちゃんの父が頭と体をなかば分離させながら(要するに物思いにふけりながら)煮しめと雑煮の汁(つゆ)とついでにキンピラゴボウをつくった。

   煮しめのメインとなるのは、材料費の関係もあり、第一に焼き豆腐(2丁)。ちょっと容器に対して中身が寄せ豆腐になっているような。dofuと濁るとトーフだかなんだかわからない、ということかどうだかわかりませんが、ヤキトウフ (broiled tofu)。ブロイルかー――

yakidofu.jpg
yakidofu2.jpg

ひたすら弱火で煮る。

  煮しめのメインのふたつめはコンニャク――

konnyaku.jpgkonnyaku2.jpg

   紅白ならぬ、赤と黒ならぬ、白と黒で攻めてみました。カツオブシの残りものをダシのメインにしたのですが、焼き豆腐で一仕事した昆布が途中から加勢しました(大衆的・・・・・・ダジャレのつもりかい)。

  雑煮は鶏のモモ肉とゴボウのササガキをダシとした。――

zoni.jpg

  ゴボウが3本あったので、一本は煮しめに加わることとなった。ニンジンは、帰ってきたモーリちゃんの母が、イロドリのために、いいんじゃない、ということで、ミニキャロットたちにそのままで参加してもらった(雑煮にはこのニンジンは入れたくない、とモーリちゃんの父は主張したが)。――

gobo&ninjin.jpg

   ゴボウがそれでもあまったので、勢いでキンピラゴボウをつくることにした。なかなか使えないでいるゴマ油もあったし――

kinpiragobo.jpg
kinpiragobo2.jpg

  唐辛子などないw 

  そして、誰もが好きな里芋(サトイモ)さん。これのダシは今度はコンニャクからやってきたカツオブシ汁w――

satoimo.jpg

  と、そんな大晦日の午後を送っていると、もう日が暮れてきた――

Dec31,2008AlbanyCA1642pm.jpg
2008年12月31日午後4時42分のカリフォルニアの空(クリックでちょっと拡大)

  このとき、日本は元旦(1月1日の朝)で、午前9時42分です。

  モーリちゃんの母は、東京フィッシュマーケットで、もしかすると待ってると刺身とか安くなるんではないかと出かけて行ったわけですが、ひとが多くてメマイがして、一度店の外に出て呼吸を整えてから再突入、しかし、結局対面注文じゃなくて、包んであったマグロの赤身の刺身だけ買って帰って来ました(w)。

Tuna.jpg

  ポンド21ドル95セント。ということは100グラム500円ぐらいでしょうか。これがたいへん立派な赤身で、臭みもなく、久しぶりの刺身、おいしかったです。

  夜、モーリちゃんは17時間前の日本の大晦日のカツーンとかジャニーズのカウントダウンの動画を探し、手前のテレビのABCでは3時間前のニューヨークのタイムズスクエアのカウントダウンが流れ、という、わけがわからない時間の混在のなかで、時は2009年へあっさりと移りました。

    なんか音がするので、花火じゃない? とベランダに出たけれど、よく見えなかった。サンフランシスコは明るかった。――

Jan1,2009Albany015am.jpg

  それからモーリちゃんの父は2時近くまでひとりでテレビの説教番組を見ていたのですが、これがなんかおもしろかった。Melissa Scott という女性の牧師さん。つい写真を撮ってしまった。

MelissaScott1.jpg
MelissaScott2.jpg

  これはどうやらロサンゼルスのカシードラルでの講演というか説教らしい。話のあとで、歌を歌ったのですが、これもなかなか深い歌詞でした。――

MelissaScott.jpg

  霊・体・魂の三分説。

  元旦は、9時過ぎに雑煮とおせちをいただきました。――

gantan.jpg

  既に減っている煮しめは、クッキーかなんかの缶みたいです(詳しくは知りません)。モーリちゃんの父もモーリちゃんの母も同じイチバンカンで重箱を見たのだけれど、15ドルくらいしたのでふたりともやめましたw)。あと栗きんとんは高くて買えなかった、というか、絶対中国産ですよ、みたいな話になって、買わなかった。それはそれでしかたがない。もちが玄米モチだけであったのがやや不満のモーリちゃんの父とモーリちゃんであった。

  モーリちゃんの母はターゲットに電話をして、やっていることを確かめて(なんか、いそがしいのか、エライ早口で、こっちがきく前に、今日は何時から何時までやっていて明日はこれこれで、ナンタラだけど他に何か? みたいな応答であったそうです)、ひとりで出かけたのですが、福袋みたいなのはなかった、と言って帰って来ました。なんか一週間くらい前まではおせちも作らんで普段と同じみたいな感じだったのですが、不意に正月感覚に目覚めたのでしょうか。

  夕方、太平洋は厚い雲が垂れこめていて(といってよく見えたわけではないが、カタマリ的には雲としか思われず)、太陽が沈んでから夕焼けを待っていたけれど、ほとんど赤くはならなかったです。

January1AlbanyCA1649pm.jpg
2009年1月1日午後4時49分のカリフォルニアの空(クリックで拡大)

January1,209Albany1725pm.jpg
17:25

   ベランダにカメラを置いて、西の空をときどき見に行きながら、つくった料理――

chickenbreast.jpg
(クリックでちょっと拡大・・・・・・誰が見るんやw)

   1日の夜はトルティーヤが主食でした。

  ということで、ひさしぶりに一日を食べモノ中心に記録してみました。

  あとで暇を見つけて、食材情報(ただいくらだったか、というだけのものですが)を追加できたら追加します。

  今年が実り多いよい一年でありますように。

  2009年1月1日

 

にほんブログ村 英語ブログへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。