So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

March 11 新しいリンカーン・セント(ペニー) New Lincoln Cent [モノ goods]

March 11, 2009 (Wednesday)

   今年はリンカーンの生誕200年です。1909年にアメリカ合衆国の1セント玉のおもて面のデザインにリンカーンの肖像が選ばれてから50年後の1959年に裏側だけ新しいデザインになり、さらに50年目の2009年。50年ぶりの新しいデザインのペニーが発行されるというのは何年も前に法案が議会を通過して、昨年の夏ごろのテレビニュースでもあらためて報道していたのは記憶にあります。そしてアメリカで貧乏生活を送りながら、1セント硬貨について何度かブログに書いてきました。そのカテゴリーのバラバラさは自分でも呆れるほどです――

November 5 ラッキー・ペニー Lucky Penny [America]
November 6 ペニーズ・フロム・へヴン Pennies from Heaven [歌・詩]
November 6 エラー・ペニーズ Error Pennies――ペニーズ・フロム・へヴン (2) [小学校と銀行] 
February 11 ついてない朝 Unlucky Morning [断章 fragments]

  で、その新しいペニーですが、このあいだ雑誌からこぼれおちた広告チラシに載っていました。

LincolnBicentennialPenny1.jpg
(クリックで拡大)

  えーと、これはリンカーン200年記念コイン・コレクションとかいう「商品」の広告で、今年50年ぶりに新しくデザインされて出る4種類の1セントを4枚というのでは商売になりませんから、過去の毎年のセント硬貨を収録したものをあわせて予約販売的に買ってね、というものです。まあ、エラーペニーズねらいだったら1枚20ドルとかするかもしれませんが(w)。

  "Discover the History of Abraham Lincoln and America in This First-Ever Complete Collection!" と左下に書いてあります。「この初の完全コレクションでエイブラハム・リンカーンとアメリカの歴史を発見しよう!」 ううむ。そんなことができるのでしょうか。

  ついでながら右のまんなかへんには、「大きさは実物とは異なります」みたいなことが書かれています。あたりまえw

  裏側には、ウチはmint とは関係ありません。みたいな書かれ方がされていました。mint は合衆国の造幣局です。前に書いたように、

硬貨製造→ アメリカ合衆国造幣局 The United States Mint Home <http://www.usmint.gov/>

紙幣製造→ アメリカ合衆国印刷局 US Bureau of Engraving and Printing  <http://www.moneyfactory.gov/>

  で、造幣局のホームページを見たら、ちゃんと情報が載っていました。"Coins and Medals" <http://www.usmint.gov/mint_programs/> のなかに、2009 Lincoln One Cent Coins

  リンカーン生誕200年とリンカーン・セント100年を祝って新しい4種類のセント硬貨をつくるという記事です。すでに9月22日にデザインの発表があったのですね(おそいw)。おもて面 the obverse (heads) は同じで裏面 the reverse (tails)にリンカーンの人生の4つの相を描くと。

  • Birth and early childhood in Kentucky (1809-1816)
  • Formative years in Indiana (1816-1830)
  • Professional Life in Illinois (1830-1861)
  • Presidency in Washington, DC (1861-1865)
  •  

      およそ3か月に一種ずつ出していくのだそうです。4種の新ペニーの裏面も、文字は同じです。すなわち、"One Cent"、 "United States of America"、そして、表の"In God We Trust" とならんでアメリカの建国以来のモットーとなったラテン語の "E pluribus unum" 「"Out of Many, One" 多から一、多様の中の統一」 が刻まれるのも同じ。metal content (2.5% copper, balance zinc) も同じ。

      でも特別に1909年のと同じ金属配分(95% copper, 5% tin and zinc) のも発行されると書かれています(よくわかりません)。あ゛ー、当然こゆうのを広告のコレクションはカバーしておるのでしょうね。

      あと、最近のニュース〔<http://www.usmint.gov/pressroom/>〕で――

    RELEASE DATE: March 09,2009

    Rolls of the First Redesigned Lincoln One-Cent Coin Available March 13

    WASHINGTON - At noon Eastern Time (ET) on March 13, 2009, the United States Mint will offer rolls of one-cent coins bearing the first of four...

       もうすぐなんですね。  3、6、9、12月という感じでしょうか。

       1種類だけでも手に入れて、日本のみなさんへのおみやげにしようかしら。(安っ! w)

    ///////

    "New Lincoln Penny" abc news, 2/12/2009 <http://jp.truveo.com/Google-New-Lincoln-Penny/id/288230386508544368>  最初の鋳造を伝える短いニュース

    "Lincoln's penny gets a new look -- actually four new looks | Top of the Ticket | Los Angeles Times" 2/17/2009 <http://latimesblogs.latimes.com/washington/2009/02/lincolns-penny.html> "In God We Trust" を最初に入れた硬貨は1909年のリンカーン・ペニーではない、誰がこの記事を書いているんだ、とコメントで突っ込みを入れられている『ロサンゼルス・タイムズ』のブログ記事

    "The Last Full Measure of Devotion: Collecting Abraham Lincoln" <http://huntington.org/huntingtonlibrary_exhibitions.aspx?id=3246> 〔Huntington Library での展示 Feb. 7–April 27, 2009, Library West Hall 〕


    nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:日記・雑感

    nice! 0

    コメント 2

    peco

    DeAGOSTINIみたいに、毎週登場する鬱陶しさがないのが良いですね。って、そちらにDeAGOSTINIはあるんでしょうか?創刊号は690円、お求めは書店にて、のあの会社。
    by peco (2009-03-12 10:31) 

    morichan

    よくわかりませんがデアゴスティーニの週刊マイ・ディズニーランドはないみたいです。あ、各国で企画するのですね。えーと、アメリカの少女少年向けテレビドラマの『ハンナ・モンタナ』のディアゴスティーニの雑誌の創刊がこの3月に開始されましたが、それはアメリカではなくてイギリスがつくっているようです。よくわかりません。
    by morichan (2009-03-13 00:44) 

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。